量だけじゃない! 完全にチャーシューが主役のラーメン店『じゃん郎』が前代未聞のウマさ

この肉はヤバイ…新次元のチャーシュー麺を堪能

グルメ

2018/02/15 07:30

チャーシューはどう頑張っても「ラーメンの具」でしかなく、主役にはなれない。そう思った時期が僕にもありました…『じゃん郎』へ行くまでは。

いままでチャーシュー大量トッピングがウリのラーメン店は多数あったが、ここまでチャーシューを極めたラーメン店は見たことがない。


画像をもっと見る

 

■チャーシューがヤバい?

じゃん郎は京成線京成小岩駅からすぐの場所にあり、店の前には「チャーシューがヤバい。」とでかでかと書かれた看板が置いてあり、チャーシューへの絶大なる自信がうかがえる。

店内に入り券売機を見ても、一番人気は他店だとチャーシュー麺的な位置づけの『ジャンロウ麺』。味は塩としょうゆを選ぶことができる。

トッピングはチャーシュー以外にメンマとのりだけという潔さも心地よい。


関連記事:一蘭でチャーシュー100枚トッピング そのビジュアルに「スゴすぎる」

 

■ライスとジャン麺のセットを注文

座席を見るとMYチャーシュー丼の作り方がボードに書かれていたので、今回はライスとジャンメンのセット(1,190円)を注文。

どうやら卓上に置かれたコチュジャンやおろしにんにく、ねぎや紅ショウガにマヨネーズ、甘口ダレなどをトッピングして、好みの丼にするのがおススメらしい。


■普通のラーメンとして見ても完成度の高い一杯

数分後到着したジャンメンのセットは、肉厚のチャーシューが5枚も入ったインパクト抜群のもの。見た目だけで食欲MAXになりそうだ。

チャーシューをがっつきたい気持ちをおさえて、まずは麺から。中細ストレート麺と鶏ガラ香味スープの組み合わせは、定番の美味しさ。

そして主役のチャーシューをいただくと…う、ウマすぎる…とろける食感なのにけっしてブタの旨味は損ねておらずスカスカではない。

しかし濃い味というワケではなく、どことなく上品さも感じられる絶妙な仕上がり。コレは中華料理「醤肉」の調理法をアレンジしたものだそうだ。

次ページ
■絶品チャーシュー丼を堪能

この記事の画像(12枚)