誰が家のトイレットペーパーを補充? 「放置するな!」とイライラも

家のトイレットペーパーの補充作業を自分がやっていると答えた割合は男女で大きな差に…

人間関係

2018/02/16 08:00

(J2R/iStock/Thinkstock)

家の中でトイレに入って、ペーパーホルダーにトイレットペーパーが入っておらず、芯だけ残っていた経験はないだろうか。

なぜ使い切った人が取り替えないのか? 自分が良ければいいのか? とイライラしてしまう人も多いようで、Twitterでも「放置していることに理解できない」と怒りのツイートを見かけることがある。

https://twitter.com/ururun96/status/950319790400262144


 

■トイレットペーパー、誰が補充?

そこでしらべぇ編集部では、全国20~60代の既婚男女695名を対象に、家のトイレットペーパー補充を自分がやっているか、調査を実施した。

結果、男性は35.0%、女性は75.6%となり、男女でかなりギャップが大きいとわかる。

年代別では、30代以下で男女の差が10ポイント以下に縮まっているが、40代以上では圧倒的に女性の作業率が高くなっている。


 

■特定の人に偏る「名前のない家事」

ここ最近、なくなりかけの麦茶を補充したり、ゴミ袋をセットしたりといった、生活する上で必要なのに、あまり家事として認識されていない作業を総称し「名前のない家事」と呼ばれている。

名前のない家事は主婦のイライラの元としてNHK『あさイチ』などの番組にも取り上げられた。

社会の変化とともに、結婚や出産後も働き続けることは、女性のライフスタイルにおいて選択肢のひとつとなっている。しかし、それと同時に考えられるべき、家族との家事の分担は、いまだに平等になったとは言えない。

とりわけ、名前のない家事に気付くのは特定の人に偏りがち。周りの家族の心配りや行動ひとつで、主婦のイライラがなくなり、家庭の平和が保たれていくことになるのだが…。

・合わせて読みたい→「夫に手伝ってもらいたい家事」ランキング 妻たちの切実な本音は…

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20~60代の既婚男女695名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ