LINEのCMに出ていた気になる美少女 女子小中学生のカリスマ・内田珠鈴に直撃

女子小中学生向けファッション誌『JSガール』で不動の人気を誇ったカリスマモデルだ。

内田珠鈴

この年末年始、LINEが提供するスマートスピーカー『Clova Friends』のテレビCMに出演していた美少女が、注目を集めた。

彼女の名前は、内田珠鈴(うちだ・しゅり)、16歳の女子高校生だ。2018年、ブレイクの予感がする超新星に、しらべぇ取材班が直接話を聞いた。


 

■福岡出身で昨年上京

内田珠鈴

福岡県出身の内田は、小学6年生のとき、小学生向けファッション誌『JSガール』のオーディションでグランプリを受賞。その後、昨年4月まで専属モデルとして活躍した「女子小中学生のカリスマ」だ。

内田:去年の4月、高校入学と合わせて母と一緒に東京に出てきました。地元は、福岡県の中でも朝倉市というところで、田んぼや畑が多い地域なので、東京に来たばかりのときはあまりの人の多さに「毎日お祭りなのかな」と思ったくらいです(笑)


12歳からモデルとして活動してきましたが、福岡ではほぼ雑誌のお仕事だけで、CMや演技は今回のLINEさんがまったくの初体験でした。


 

■初CMの緊張感がそのまま映像に

内田珠鈴

雑誌モデルとしてスチール撮影には慣れている内田も、大企業のCMで初演技するのは戸惑いがあったようだ。

内田:女の子の恋心を描いたものと、2人でダンスを踊る企画があったのですが、ダンスはもともと習っていたので「やっていてよかったな」と思いました。


でも、演技は経験がなかったのですごく緊張しましたね。でも、監督さんが「演技とか考えず、そのままの自分でいいよ」と言ってくださって。女の子がLINEで気になる男の子を誘う緊張感が、初CMで緊張していた感じそのままに表現できているかもしれません。


私自身は、あんなふうに「自分からいくタイプ」じゃ全然ないんですけど(笑)


全国で放送されたCMの効果で、地元の友人や親戚からも数多く連絡が届いたと喜ぶ。

次ページ
■ラジオ番組用のメモをつける

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ