好きな芸能人が売れると嫌いになる現象…バンドファンが離れる理由に納得

売れない時期を支えてくれたファンが、人気が出ると共に離れていく。

ライフ

2018/02/16 11:00

(Thomas Northcut/DigitalVision/Thinkstock)

売れていないときから応援していたファンは、人気が出ると興味をなくす人が多いと言われている。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「芸能人について」の調査を行なった。

「好きな芸能人が売れると、興味がなくなるほうだ」と答えた人は、全体で18.8%。世間でよく言われている割には、少ない結果である。


画像をもっと見る

 

■売れて欲しいと思ってはいたのに…

性年代別では、男女ともに若い世代で高い割合になっている。

好きな芸能人が売れると嫌いに性年代別グラフ

自分の手元から離れていく感覚に、気持ちが追いつかないとの意見が多い。

「自分がひっそりと応援しているものが、遠い存在になったようで寂しい。それまでは、がんばって売れて欲しいと思っていたのに」(20代・男性)


関連記事:「プロ野球が好き」最も多いのは20代男性 一方でルールを知らない女性も

 

■売れないアイドルファンの心理

売れない頃から見ているアイドルファンは、売れると複雑な思いを抱いてしまう。

「地下アイドルのファンは、身近なアイドルだからこそ応援しているところが大きい。売れる前に解散することがほとんどなのでまだ経験はないけど、おそらく気持ちは冷めていく気がする」(30代・男性)


人気アイドルでも、同じような気持ちのファンがいる。

「AKBファンにも、研究生にしか興味がない人は一定数いる。人気がある子よりも、あまりない子が好きな人も多い。成長を見守って、それなりに育ったら、次に行く感覚なのかな」(40代・男性)


■音楽性が変わるのが嫌

バンド経験者では、3割以上と高い割合だ。

好きな芸能人が売れると嫌いに傾向別グラフ

サカナクションのボーカル、山口一郎が自身のラジオで、「売れたら嫌いになる理由」について取り上げたことがあった。ミュージシャンにとっても、よくある出来事なのだ。

「売れたから嫌いになるんじゃなく、音楽性がかなり変わるのが嫌。メジャーな感じが出てきて、好きだった部分がなくなっていく。もちろん、自分たちの本意でない部分もあるんだろうけど…」(30代・女性)


新しいファンを獲得することは重要だが、それにより離れていく人たちがいる。当人にとっては、とても寂しいところだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)