上杉謙信の時代から続く酒蔵『吉乃川』 先人の技を受け継ぎ新たなチャレンジへ

400年以上の歴史を引き継ぎ、新潟の酒の名を高めてきた。


 

■農産部を立ち上げ原料米を自社生産

吉乃川

美味しい酒をリーズナブルに提供できるのは、大型タンク仕込みと、瓶詰め工程のオートメーション化によるところが大きいと、藤野さんは分析する。 蔵には20tの米を仕込める90klタンクがある。

1971年、これをどこよりも早く導入し、常に安定した酒質を実現した。瓶詰めは安心安全のためクリーンルームで行われている。

また、品質の良い原料米を将来にわたって確保できるようにと、2016年から農産部を立ち上げ、地元の田んぼで社員による自社生産を始めた。必要量の5~6%だが、将来は20%くらいに増やしたいという。

「米作りは次代に残さなければならない技術ですからね。自社生産によってノウハウを蓄積し、次の世代へつなげてゆくのも私たちの役目です」と藤野さん。

米作りに深く関わりながら、新潟の風土に根差した新潟の酒を造り、提供していきたいとの想いからだ。そこには新潟を代表する銘柄であり続けることへの、飽くなき挑戦魂が感じられた。

以下は蔵元がお勧めするお酒。


関連記事:「気がつくと家で寝ていて…」 酒を飲んで記憶をなくした体験談

 

①『厳選辛口 吉乃川』

吉乃川

吉乃川の定番晩酌の酒。新潟県産米を100%使用し、麹造りから辛口に徹して造り上げた。自然の旨みでスッキリとした辛口、きれいな口当たりが特徴。


②『吟醸 極上吉乃川』

吉乃川

吟醸蔵と呼ばれ、長い歴史を培ってきた吉乃川の傑作吟醸酒。

「淡麗で香味のバランスが良く、自然に次の手が出る飲み飽きしない酒」をコンセプトに、爽やかな吟醸香漂う透明感のある口当たりと、キレの良い後味に仕上げた吟醸酒。


③『杜氏の晩酌 本醸造 吉乃川』

吉乃川

日本酒の造り手の最高責任者である杜氏が自ら醸した中で、普段使いできるワンランク上の晩酌酒。酒米は全量「五百万石」を使用。どんな料理にも合わせやすく、冷酒でもお燗でも楽しめる。 

・合わせて読みたい→12星座ランキング! お酒でストレス発散しがちな星座は…

(取材・文/しらべぇ編集部

この記事の画像(7枚)