元SMAP・木村拓哉の台詞に「重みが違う」 ファンの涙相次ぐ『BG』

ついに明かされた、章(木村拓哉)とサッカー選手(満島真之介)の過去…

エンタメ

2018/02/16 12:00

(『BG~身辺警護人~』)

元SMAPのメンバー・木村拓哉が民間ボディーガード役を熱演し、話題のテレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~』。

15日放送の第5話では、主人公の島崎章(木村)がBG(ボディーガード)の仕事を一度辞めるきっかけとなった、元サッカー選手の河野(満島真之介)との過去が明らかに。


 

■因縁のクライアントからの指名

章が勤める日ノ出警備保障に、子供たちにスポーツ支援を行なっている慈善団体から警護の依頼が舞い込む。そこは、6年前まで章がBGを務めていた河野のいる団体だった。

最初は、同僚の沢口(間宮祥太朗)がBGを担当する予定だったが、河野から直々に「章に担当してほしい」との指名が。章は同じ身辺警護課のメンバーに「かつて河野選手のBGをしていた」事情を明かし、任務に就くことに。

海外のチャリティーイベントに出席するため、空港までの警護を頼みたいと言っていた河野だったが、本当は慈善団体を謳った組織の犯罪に加担。証拠を隠蔽するための海外逃亡だった。


関連記事:木村拓哉・山口智子が再共演 溢れるトレンディ感と「発砲」にざわつく『BG』

 

■木村が放った「人に夢を与える人」へのセリフ

河野の真の目的を知った身辺警護課の一同。さらに、偶然河野が滞在していたホテルのロビーで鉢合わせた立原厚生労働大臣(石田ゆり子)によって、河野の海外逃亡の噂が警視庁の耳にも入ってしまう。

河野に自首してもらおうと、説得を試みる章。その際に、かつて「スター選手」だった河野に対し…

「あなたはスターでした…いや、今でもスターです。人に夢を与えてきた人間は、どんなことがあっても逃げちゃいけないと思うんです」


と投げかける。課長(上川隆也)ら身辺警護課のメンバーも加わって説得を続けるも、空港にはすでに警視庁の捜査員の姿が…。

次ページ
■「キムタクが言うと説得力が…」ファン騒然

あなたにオススメ