ずっと会社にいる気分? 職場の寮に住んでいる時に辛かったこと3選

会社の寮は家賃などが安く済むというメリットがある一方で、つねに職場の人といるために大変なことも多々あるようだ。

sirabee2010123orange001
(SeanZeroThree/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

職場の寮は、賃貸よりも安く暮らせるメリットがある一方で、常に会社の管理下におかれるため、いろいろと気疲れすることも多いようだ。

しらべぇ取材班は、社員寮に住んだことのある男性に「寮に住んで苦労したこと」を聞いてみた。



 

①先輩たちと共同生活のため上下関係がつらい

「寮には先輩たちも住んでいたのですが、僕の仕事は製造業で男社会だったため、体育会系の部活のように上下関係が厳しく、気が休まらなかったです。


先輩に話しかけられたら何時間でも付き合わないといけないし、ゆっくりしたい夜や休日にも飲みに誘われたら断れない雰囲気だし、つらかったですね…」


関連記事:紗栄子、ユニクロで買い物する姿が「誰か分からない」「親近感」と反響

 

②なにかあると真っ先に仕事に呼び出される

「寮が会社とつながっていたので、急ぎの仕事が入った時や誰かが休んだ時などには、まっさきに寮の人が呼び出されて仕事をさせられました。


ほかにも、たとえば終業後にミスが発覚して急いで手直しをしないといけない時に、本来であればミスをした人を呼び戻すべきなのに、寮の人が呼び出されて修正…。


会社的にはそのほうが手っ取り早くて都合がいいんでしょうが、ちょっとフェアじゃないな…と思いましたね」


③「ただ休みたい」という理由で有給は取れない

「職場の人たちとひとつ屋根の下に暮らしているので、用がないけれど有給を取って家で寝たりゲームをしたり…なんてことは一切できませんでした。


社員寮は家賃は安いですが、つねに会社にいるような気分で気が休まらないことを考えたら、すごく割高だと思う。寮から出られた時は幸せでした…」


■社畜だと自覚している人はどれくらい?

しらべぇ編集部では、全国20代〜60代の男女639名を対象に「自分は社畜だと思うか」を聞いたところ、約1割が「はい」と回答した。社畜

社員寮では、人間関係も含めて会社から離れられないというデメリットもあるようだ。ヘタをすれば、社畜への第一歩になってしまうのかも…。

・合わせて読みたい→微熱くらいなら会社は休まない? 日本人の勤勉さを象徴する結果に…

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:働いている全国20代~60代の男女計639名

この記事の画像(1枚)