猫嫌いなのに飼い出す人まで…流行を追う人は自分の意思がないのか

流行を必死で追う人を批判する人もいるが、ビジネスには役立つとの意見も。

ライフ

2018/02/20 07:30

流行を追う
(©ぱくたそ)

流行から取り残されると、不安になる人たちがいる。その一方で「ブームに乗せられている」と冷笑する人もいるのだから、考えとは多様なもの。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,400名に「流行について」の調査を行なった。

その結果「流行を必死に追っている人は、自分の意思がないと思う」と感じている人は、47.5%もいることが判明したのだ。


 

■無理して若い子と同じ流行を追わなくても…

性年代別では、40代女性が一番少ない割合になっている。

流行を追う性年代別グラフ

若い頃のような感性が、だんだんと失われていく不安があるようだ。

「昔はなにも考えなくても、自然に流行を取り入れていた。でも今はそんな情報に触れる機会がなくなってきたから、ネットで必死に調べて、なんとかついていっている感じ」(40代・女性)


しかし、無理して流行を追う同年代に、批判的な意見も。

「若い頃はわかるけど、年を取ってから若い子と同じ流行を必死で追うのは違うと思う。かなり無理しているファッションの人とか、たまに見るけど…」(40代・女性)


 

■猫嫌いがブームで飼いだす

流行を追っている人は、無理しているように見えるとの声も。

「自分の好きな服さえ着られないなんて、なんだかかわいそう」(30代・女性)


流行はファッションだけでなく、生き物にもあるのだから怖い話だ。

「ある女性芸能人が猫嫌いを公言していのに、ブームに乗って飼いだしたときにはびっくりした。動物の好みでさえ、流行に左右される感覚がわからない」(20代・女性)


■流行に敏感なのは仕事にプラスか

流行を追うことを肯定する人たちは、それによって仕事につながるとの考えがある。

「今、なにが流行しているかもわからない人は、顧客のニーズに応えられないと思う。自分がハマるまではいかないにしても、常にアンテナは張っておかないと」(30代・男性)


自分の意見を持ちながらも、流行を取り入れることはできるという。

「自分の意思ばかり貫いていると、新しいものを否定しがちになってしまう。流行に柔軟に対応しながら、自分のこだわりと融合できる人が仕事のできる人に多い気がする」(30代・男性)


新しいものと古いものを組み合わせることにより、さらなるアイデアが生まれるのだろう。

・合わせて読みたい→2017年ブレイク芸人でネタがつまらないのは誰? 1位はまたも…

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年8月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ