マツコ「開き直って美醜を張り合わない」 熟女タレントが増えた業界事情を熱弁

『5時に夢中』で、小柳ルミ子、十朱幸代など熟女タレントが活躍するテレビ業界事情をマツコ・デラックスが熱弁!

2018/02/20 09:00

19日に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコ・デラックス(45)が「熟女タレント」が活躍する昨今のテレビ業界事情を力説。大きな反響が起きている。



 

■熟女ブームの到来?

番組では、「熟女か、どんなにイジられても文句を言わない20代の面白キャラや芸人でテレビ番組が埋め尽くされている」という記事を紹介。

その記事にある通り、加賀まりこ(74)や小柳ルミ子(65)、十朱幸代(75)など、熟女タレントがバラエティ番組に進出、その存在感と経験値でテレビを賑わせている。

これに対しマツコは「もう開き直っている」と熟女タレントを評し、持論を展開した。


関連記事:楽しんご、本当は「今年で50歳」だった? 本人が実年齢に言及

 

■マツコの熟女タレント論

「周りは小僧ばかり。女優として怖いものも気を使う必要もない」とその立場を表現。また、「こんな言い方をしたら失礼かもしれないが、美醜を若い娘と張り合わなくていい」のも熟女タレントの利点だと明かす。

「どんどん言いたいことも言えるようになると、(自分を)守っている人より面白い。(熟女とはいえ)それなりに美しいし、『どう思われてもいいわよ』と自由に発言されるので強い」と絶賛。

また、視聴者側も高齢者が増えてきた現状を踏まえ、「こういった演者の方が増えていくと思う」と視聴者の年齢層に合わせたテレビ業界の高齢化も予想した。

次ページ
■視聴者の意見は…

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

テレビマツコ・デラックス熟女5時に夢中業界小柳ルミ子加賀まりこ十朱幸代
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング