マズい料理は「優しい味」と表現 グルメタレントが食レポの裏側を暴露

『良かれと思って!』で内山信二、彦摩呂、鈴木あきえ、タージンらグルメタレントが食レポの裏側を大暴露!

エンタメ

2018/02/22 12:00

グルメ番組を盛り上げ、視聴者に味を伝えるプロ・グルメタレントが、21日放送『良かれと思って!』(フジテレビ系)に集合。

マズい料理に対して「角が立たないコメント」など、食レポの裏側を暴露し話題となっている。

(画像はフジテレビ公式Twitterからのスクリーンショット)


 

■マズい=優しい味

「どれだけマズくても『マズい』とは言えない。『美味しい』も嘘になるからダメ」と内山信二(36)。そういった場合は「優しい味とゴマかす」と明かすと、ほかのグルメタレントも賛同する。

一般家庭への突撃食レポを長年務めてきたヨネスケ(69)は、「最高! 最高のモノは一口に限る」。関西食レポ界の重鎮・タージン(55)は、「好きな方(通)にはたまらない」など、決して味を否定しない表現を披露した。


関連記事:寺門ジモンが語った「本当に美味しい食べ物に出会う方法」が独特すぎる

 

■必要以上に喋るのは「マズい」証

『王様のブランチ』(TBS系)で長年食レポを担当してきた鈴木あきえ(30)は、「いい意味で裏切られた」を愛用。さらに「実家を思い出します」で、お店のレベルじゃないことを暗に示すと熱弁。

「本当にウマい時はあまり喋らない」ため、情景描写に走ったり、必要以上に喋るのは「マズい」証。また、味がイマイチの場合はカメラマンに勧めるなどして、出された食事を残さないようにするなど裏側を暴露した。

次ページ
■視聴者に反響

この記事の画像(1枚)