最低すぎ! 部下にミスをなすりつける上司の卑劣行動3選

「部下にミスをなすりつける上司」の最低行動とは…

sirabee1227orange001
(st-palette/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

上司が部下にミスをなすりつけても、反論できず泣き寝入りする社員は少なくないものだ。

しらべぇ取材班は、会社勤めの人を対象に「上司から罪をなすりつけられた時のエピソード」を聞いた。

 

①部下が謝罪したのをいいことに擦りつける

「上司のミスを僕のミスだと勘違いした社長に怒られたんですが、ここで『僕じゃないです』と言うのも社会人としてよくないかと黙って謝罪し、上司が名乗り出るのを待っていたら…。

 

それをいいことに、ミスをした上司は『うちの部下がすみません』と、自分にそのまま擦りつけてきました。こんな卑劣な人が上に立つなんてありえない」(男性・25歳)

 

②自己保身に走り、弱い立場の人を利用する

「入社したての頃にミスが発生して、役職者が事情を聞きにきた時に、上司は『新人が手違いをしたようです』と、その仕事に関わっていない私のせいに。

 

その後『新人だと言えば丸く収まるから』と、部署のみんなを守るためだと説明されましたが、自分のミスだとバレて評価を落としたくないからでしょ…」(女性・27歳)

次ページ
③部下に「おまえがやったことにしてくれ」と頼む

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ