江口洋介主演テレ東新ドラマ 杉本哲太ポッキー口移しカットに「残念」

4月からスタートするテレビ東京の新たなドラマ枠「ドラマBiz」。「転職」をテーマにしたドラマ「ヘッドハンター」が放送され、出演した江口洋介、小池栄子、杉本哲太の3名が登壇した。

エンタメ

2018/02/26 18:00

 

■キャスターからヘッドハンティング

小池演じる赤城響子は、業界最大手の転職斡旋会社の老舗「ブリッジ」のシニアバイスを務める、やり手の女性。

大学卒業と同時にアメリカに渡り、MBAを取得。ようやく日本で広く認知されてきたヘッドハント業界をアメリカ並みに発展させたいと願っており、「SAGASU」の少々乱暴なやり口には不満を持つ。黒澤とはいつも皮肉の応酬でやり合ってしまう。そんな優等生的な自分に物足りなさも感じていたりする。


同局『カンブリア宮殿』ではサブインタビュアーを務める小池。ドラマの話を聞いた時は、「キャスターから女優業にヘッドハンティングされたような気分」だったといい、関われることが嬉しいと笑顔で話した。

ドラマの内容については、「脚本を読んでも本当におもしろくて、泣けるくらい」だといい、ヘッドハンティングされる側だけではなくヘッドハンティングする側の苦悩もよく描かれており、おもしろい視点になっているとのこと。


 

■うっかりネタバレに冷や汗

杉本演じる灰谷哲也は、サーチ会社「SAGASU」総務・経理担当。

事務作業の苦手な社長の黒澤をサポートする番頭的な存在。黒澤とは因縁があるが、普段はそんな苛烈な過去はおくびにも出さずひょうひょうと雑務一般をこなす、スイーツ好きの癒し系のオヤジ。業界紙記者や怪しげなブローカーとも顔なじみで、ありとあらゆる会社の裏情報に精通している。


杉本はキャラクター設定について話す中で、ドラマにて明らかになるであろう黒澤との関係性をうっかり暴露。小池に「それ言っていいんですか?」と突っ込まれると、「え、言っちゃダメだった?」と焦る表情を見せ、そのうっかりっぷりで会場を沸かせた。

次ページ
■演出変更に杉本、無念

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ