「叫びすぎて救助された」 三四郎・小宮がトイレで叫んだ理由が独特すぎる

『踊るさんま御殿』で三四郎・小宮浩信がトイレでのエピソードを告白!

エンタメ

2018/02/28 11:00


 

■「神様いない」愚痴るも賞賛の声

さらに「自分の名前もちゃんと言えないほど滑舌が悪い。顔もあんま良くない、神様いないよ」と最後まで恨み節だった小宮。

とはいっても、この日のトークは芸人として高く評価されたようで、視聴者は賞賛している。

https://twitter.com/Lpi_39/status/968453043078316032


関連記事:ハライチ岩井、他人が握るおにぎり食えないアピールに反論 「言うほど潔癖症じゃない」

 

■6割以上が「コンプレックスを感じがち」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,354名を対象に調査したところ、6割以上が「コンプレックスを感じがち」と回答した。

多かれ少なかれ、人には「コンプレックス」がありがちだ。小宮は目に見えた、分かりやすいコンプレックスが多いのかもしれないが、その中には他人から見れば「長所」に映るものもあるだろう。

特に芸人であれば「短所」は武器になる。小宮は芸人として「最強の武器」を持っているのかもしれない。

・合わせて読みたい→千原ジュニアを完全にナメている後輩芸人 「喧嘩になってもおかしくない」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)