島犬様に爆笑の神回『バイプレイヤーズ』 誤爆LINEトークもかわいすぎ

大杉漣さん出演の『バイプレイヤーズ』第4話。テレ東ってば、里見浩太朗に何をさせているんだ…

エンタメ

2018/03/01 14:00

わちゃわちゃしているオッサンたちが、かわいすぎるテレビ東京の人気ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(以下、『バイプレイヤーズ』)。

2月28日夜9時54分から、第4話が放送された。

主演のひとりである大杉漣さんの急逝という不測の事態を感じさせない仕上がりを見せた「神回」ぶりで、「#バイプレイヤーズ」TLに集うファンたちも、通常運転で楽しんだ。

なお、本レビューは他の出演者同様に「役者・大杉漣」として、以下、故人の敬称を省いてお届けする。

 

■バイプレイヤーと大御所

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

第4話のあらすじを見てみると

『しまっこさん』の話題作りのため、ユースケ・サンタマリアが監督を務めることに。島ハウスを訪れたユースケは「ここで撮影をやろう」と言い出す。光石以外の4人が反対する中、撮影はスタート! 無茶な演出で壊されていく家の様子にバイプレイヤー達の顔が曇り始める…。


そんな時、光石が島で里見浩太朗とすれ違う。「なぜ、こんな所に…?」果たして、朝ドラは…島ハウスはどうなってしまうのか?そして、里見の目的とは一体!?


ユースケが監督になるとのことだが、冒頭の「【バイプレイヤー】(和)by+player」説明の一部には「監督の無茶に、苦しむことも多々ある」という、不吉な文字が…。

関連記事:島犬様に爆笑の神回『バイプレイヤーズ』 誤爆LINEトークもかわいすぎ

 

■島犬様とゲストたちに

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

光石研演じる島おじさんが、山の中で倒れている志麻子(本田望結)を発見する緊迫した『しまっこさん』撮影シーン。うろたえる光石の前に現れたのは…

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

島犬様!?

https://twitter.com/yumegiwa98/status/968832341106819072

島で飼われている素人犬・モンローちゃんのかわいさと、素人さん故のスッタモンダにいきなり沸くTL。

そして光石が「仏の光石」ぶりを発揮した後、道端ですれ違ったのは…

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

ミスター時代劇・里見浩太朗!

この時点で「里見浩太朗に、なにさせてんの!?」ツッコミがあふれたが、じつは完全に序の口だった「#テレ東クオリティを許して」な『バイプレイヤーズ』。

島ハウスに戻った光石は、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊にそのことを語るも、「ありえないでしょ」「クリソツさんでしょ」と一蹴される。そこへ島ハウスを訪問する人の影が…まさか、あの人が!? と思ったら、

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

現れたのはユースケ・サンタマリア。


(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

ユースケの要望を「仏の光石」がとりなしたため、島ハウスで『しまっこさん』の撮影をすることに。

みんなの心配通り、ユースケの暴走がスタートする中シークレットゲスト登場!

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

コワモテ、悪役、クセモノ三人の個性派シークレットゲストは、雄父ヶ島で漁師食堂を営むコワモテ店長役の田中要次、その店の常連客1の緋田康人、常連客2の大倉孝二。

5人との絡みがナチュラルすぎて、完全に楽屋か前室風景にしか見えない。

次ページ
■「男臭さであふれかえっちゃってる」けど

この記事の画像(13枚)


あなたにオススメ