スカートやズボンを履き忘れて外出…女性が冬場に注意すべき理由

下半身が、やけにスースーするなと思ったら…

ライフ

2018/03/01 07:30

(iprogressman/iStock/Thinkstock)

完璧なおしゃれをして外に出たつもりが、ズボンやスカートを履き忘れていた…。そんなおっちょこちょいな人は、どれほどいるのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,342名に「衣服について」の調査を実施。

「ズボンやスカートを履き忘れ、下半身はパンツのみで外に出たことがある」と答えた人は、6.5%と少数。さすがにそこまでの慌て者は、なかなかいないようだ。


 

■外出の準備段階が失敗の元

年代別では、男女ともに20代が多くなっている。

スカート・ズボン履き忘れ性年代別グラフ

下を履かずに、メイクなどをするのが原因のようだ。

「スカートがしわになるのが嫌で、洋服の上だけ着て外出の準備をする。一度、そのまま忘れて玄関を出たけど、すぐに気づいて。慌てて引き返し、スカートを履いた」(20代・女性)


男性は、夏場にやってしまいがちだ。

「夏場はハーフパンツばかりだから、パンツだけでもあんまり違和感がない。靴を履いたところで気づいたから、外には出てないけど」(20代・男性)


関連記事:ぽっちゃりあるある! 股ずれでズボンに穴が開くのを防ぐ方法

 

■女性は冬場に注意を

女性にとって、冬場にやりやすい失敗である。

「タイツを履いていると足元が暖かいから、ズボンを履いた気分になる。あれは危険」(30代・女性)


タイツだけでなく、ロングコートも危険だ。

「ロングコートを着ると、鏡では完璧に映る。会社でコートを脱ごうとしたら、スカートを履いていない、なんて事態に…。


仕事中は制服なのでなんとか乗り切れたけど、それからは絶対にチェックするようにしている」(20代・女性)


■ひと夏の経験をする人がやりやすい?

ひと夏の経験がある人は、ズボンやスカートの履き忘れ経験者が多い。

スカート・ズボン履き忘れ傾向別グラフ

隙のある人が、やりやすい失敗なのかも。

「私はいつも時間がぎりぎりに慌てるタイプで、急ぐとなにか忘れる。ブラジャーを付け忘れることは多々あるので、ズボンやスカートも気をつけないと」(20代・女性)


玄関の近くに、全身が見られる鏡を置いておくといいだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ