なにかと話題の女性専用車両 時間外でも男性たちが避ける理由

女性専用車両は本来の目的から、かけ離れた議論が起きている部分も。

人間関係

2018/03/02 09:00

(AsianDream/iStock/Thinkstock)

女性専用車両に男性3人が乗車し、女性客とトラブル。その後、電車の遅延を招くほどの騒動に発展した。乗車した男性は、女性専用車両反対を訴える団体のメンバーである。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男性669名に「女性専用車両について」の調査を実施。

「女性専用車両の時間外でも、該当車両は避けるほうだ」と答えた人は全体で44.4%もいることが判明したのだ。



 

■女性専用車両を示すステッカーでドキドキ

年代別では、大きな差はない。

女性専用車両年代別グラフ

若者も高齢者も、女性専用車両に警戒している男性が多いのだ。

「時間を勘違いしているといけないから、とにかく近寄らないようにしている」(40代・男性)


車内に貼ってあるステッカーが、不安を助長させる。

「時間外でも車内で女性専用車両を示すステッカーを見ると、ドキドキしてくる」(20代・男性)


関連記事:山田ルイ53世、緊急避妊薬めぐる問題に疑問 「女性は手軽な気持ちじゃない」

 

■男性が女性専用車両に間違って乗ると…

急いで飛び乗ったところが女性専用車両だった場合、男性は冷たい視線を浴びることに。

「間違って乗ったときに、女性からの目線が怖くて慌てて逃げた。『お金を払っているのに、なんでこんな気持ちにならなきゃいけないんだ』と思ったのが本音」(30代・男性)


そんな男性の気持ちは考慮しても、やはり女性専用車両は必要だとの声が多い。2月27日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でも、番組アシスタントの宇賀なつみアナウンサーが「ほとんどの人は一度は痴漢被害にあっている」と話し、女性専用車両は必要だと訴えた。

「それほどパッとしない見た目の私でさえ、学生時代にはよく痴漢に遭っていた。


男性が肩身の狭い気持ちになるのもわかるけど、若い女の子を守るためにはやはり女性専用車両は必要だと思う」(30代・女性)


■一番悪いのは痴漢のはずなのに…

女性専用車両のせいで、男女の対立構造ができてしまっているのは不幸でしかない。

「こんなことで男女が対立してしまうのも変な話なので、男性専用車両を作ればいい。需要がないって意見が多いけど、反対する人たちを納得させる一番の方法だと思う」(40代・女性)


誰よりも悪いのは、痴漢なのだ。

「悪いのは痴漢のはずなのに、話が男女間の争いになってしまっている。痴漢がいなければ男性も女性も、こんなことで議論をする必要はないのに」(30代・男性)


憎まれるはずの痴漢たちは、今回の騒動をどう捉えているのだろうか。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男性669名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)