ニヤケが止まんない! パートナーに「胸キュン」した瞬間3選

相合傘や、マフラー…思わずニヤける胸キュンエピソードたち。

男女

2018/03/05 08:30

sirabee20180221noroke001
(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

彼氏や旦那と長年一緒にいると、なかなか「胸キュン」しなくなってくるもの。そこで、「やっぱり私のパートナーはステキ!」と改めて感じた瞬間について、聞いてみることに。


 

①守ってくれている感

何か特別なことをしてもらうよりも、ふとした瞬間に「胸キュン」!

「相合傘をしたときに、さりげなく外側の肩が濡れないようにしてくれた。そのちょっとした気づかいがすごく嬉しくて…。密着度も高くなるし、幸せ」(20代・女性)


「寝ているときに大きな地震が起きて。その瞬間、サッと私に覆いかぶさって『大丈夫だよ』。地震の恐怖心が和らいだ」(30代・女性)


「彼氏と2人でイルミネーションを見に行ったんです。すっごく寒い日だったんですが、自分がしているマフラーを首に巻いてくれて! 自分も寒いだろうに…大切にしてくれていることを再認識できました」(20代・女性)


関連記事:「仕事ができる女性」に魅力を感じる? 20代男性はキャリ女にときめく傾向も

 

②女性の「苦手」が得意

生活の中で、女性が苦手と感じていることを簡単にやってのける姿も「胸キュン」の対象。

「車のタイヤがパンクしたときに、ジャッキで車体を上げてテキパキ作業をしている旦那の姿が、いつもより輝いて見えた。私には絶対できない」(30代・女性)


「台所の棚の一番上にある物を取ろうとしたら、手がとどなかくて。横からサッととってくれた。身長低くてよかったな…と感じた」(30代・女性)


「買い物に行くと、必ず荷物を持ってくれる。付き合っているときから、今でもずっと。ものすっごく助かってる」(40代・女性)

次ページ
③やっぱり、優しさ

この記事の画像(1枚)