12星座別ランキング! 最も「優しさより顔が大切」と思う星座とは…

恋人には優しさ以外に、ある程度のルックスも必要?

診断

2018/03/05 10:30

(©︎ぱくたそ)

恋人に求める条件で「優しい人」というのがよく挙げられる。

互いに思いやりをもって接していくためには、確かに必要な要素だろう。しかし「優しければ、顔なんて関係ない」という意見も耳にするが、果たして本当だろうか?

しらべぇ編集部では、全国20代~60代の男女1.336名を対象に、「優しくても顔が良くない異性とは付き合えないと思う」か意識調査を実施し、12星座別でまとめた。

 

 

恋人に見た目の良さは必須

全体で見ると「優しくても顔が良くなければ付き合えない」と回答した人は、32.0%。多くの人は顔が良くなくても、性格が良ければいいと考えているようだ。

中でも、「優しくても顔が良くないと付き合えない」割合が1位だったのは、おうし座。

妥協することを許せない性格で、12星座で最も「ルックスが良くない人は恋人にしたくない」と思う特徴を持つ、まさしく「顔重視」の星座といえそう。

また、恋人にルックスの良さを求めすぎているからか、交際経験がない割合も高く、恋人に対するハードルの高さはダントツのようだ。

 

 

■見た目を重視する星座たち

続く2位と3位にはやぎ座とおひつじ座がランクイン。 

2位のやぎ座は「太っている人はすべてにおいて努力をしてなさそう」と考えてしまう傾向があり、人を見かけで判断しがち。理想主義な一面もあり、自分が付き合う相手には優しさはもちろん、顔の良さも必要と考えているのかも。

3位は熱しやすく冷めやすいおひつじ座。恋愛に関して切り替えが早く、付き合っている人がいてもよそ見しがち。実際に、「結婚後他の人に目移りしてしまう」という傾向もあり、それだけ異性の顔の良さを重視しているともいえそうだ。

 

■やはり性格が大切!

下位の星座には、見た目ではなく中身を重視している傾向が見られた。

10位のかに座は平穏を好む星座で、「好きな人と安心して暮らすこと」を第一に望んでいる。ルックスよりも恋人が優しい性格であることや、自分と相性がいいかなど、内面についての評価のポイントが高めなのかも。

次いで11位はみずがめ座。過去の調査「刺青やタトゥーに恐怖感を覚えない」星座でもあり、人を見かけで判断しない。相手の本質を見極めることができるため、顔の良さは付き合うために、それほど関係していなさそうだ。

12位は情熱的な恋愛を好む、さそり座であった。「本当に愛せる人と付き合いたい」と思う意思がかなり強い。愛情深い特徴があるため、しっかりと内面を重視し、顔で好き嫌いの判断はしないのだろう。相手のことを理解しようと歩み寄る気持ちがあるため、ルックスに惑わされない恋愛ができそうだ。


恋人にしたい人のルックスの条件を譲れないのもわかる。しかし、これから親密に付き合う人だからこそ、きちんと中身を見ることも大切かも。

・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1.336名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ