恵方巻きに続くは「いなり寿司」ブーム? マツコ「手あたり次第やればいい」

大量廃棄が問題になっている恵方巻に続く初午いなり。『5時に夢中!』でマツコ・デラックスが賛同した理由とは?

エンタメ

2018/03/06 06:00

コンビニエンスストアが火付け役となった「節分の恵方巻き」。しかしそのブームの陰で、大量廃棄や店員への販売ノルマなどが問題となっている。

5日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、恵方巻きの次に来ると言われている「初午いなり」を紹介。マツコ・デラックス(45)が「手あたり次第やればいい」と賛同するなど話題となっている。

((C)ぱくたそ)

 

■恵方巻きの次はいなり寿司

2000年代から浸透し、伝統行事として広まっている節分の恵方巻き文化だが、兵庫県内のスーパーが「もうやめにしよう」とチラシで訴えるなど、昨今は否定的な意見も少なくない。

そこで、縁起物に弱い日本人に向け、次なる伝統行事として目を付けられているのが「初午(はつうま)いなり」。

京都・伏見稲荷大社を中心に全国の稲荷社で初午祭が行われる2月最初の午の日「初午」に、それにちなんだいなり寿司を販売する店舗が増えており、「批判の多い恵方巻きにとって代わる可能性がある」と紹介された。


関連記事:若者の「節分」離れ進む一方、子供に伝統文化経験させたい親多く

 

■マツコも賛同

株式トレーダー・若林史江(40)は、「こういったイベントには背を向けてきたが、消費を促す上ではいいのでは」と肯定的。

マツコも「手あたり次第やればいい」と賛同する。

「クリスマスやハロウィンも受け入れた。意外と私たち日本人は『そういう風にしたい』人たち。だからもっといっぱい、(こういった伝統行事を)作ったほうが1年中、楽しい」と持論を語った。

次ページ
■視聴者も議論

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ