『バイプレイヤーズ』最終回直前 大杉漣役のこれまでをプレイバック

今夜最終回を迎える『バイプレイヤーズ』リーダー・大杉漣役の魅力とは

テレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(以下、『バイプレイヤーズ』)最終回が、今夜9時54分から放送される。

2月21日に主演のひとりである大杉漣さんが急逝し、完成が危ぶまれた中、ご遺族の理解と共演者・スタッフなど関係者の尽力があり、ファンの思い入れもひときわ大きなものがある。

これまで第1話「遠藤憲一回」、第2話「松重豊回」、第3話「田口トモロヲ回」、第4話「光石研回」と続いてきたが、最終回の第5話は「大杉漣回」。そこで、放送を前に『バイプレイヤーズ』での、大杉漣役をプレイバック。

なお、故人については敬称が基本だが、この作品の世界では「大杉漣役」という役名であり、これまで通り、他のキャストと同様に「役者・大杉漣」として紹介したい。

 

■みんなを遭難させたリーダー

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

第1話の序盤、クルーザーで遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研を迎える船長スタイルのリーダー・大杉漣は、すでに大はしゃぎ。遠藤のナレーションによる、大杉の紹介はこうだ。

「大杉漣、俺たちのリーダー。でも漣さんの判断の甘さで、俺たちはとんでもないことになる」


遡ってテレ東の朝ドラ『しまっこさん』の会見、大杉がいきなり「4人と僕のクルーザーで、僕が操縦して行ってみたいと考えています」と言い出した時点で、みんなは不安を抱えていた。しかし、思い込みで突っ走るキャラの最年長リーダーは、そんな周囲の不安を察することなく、張り切って出発する。

5人が遭難するのは、大杉の付き人・ジャスミン(北香那)が、美術スタッフが描いた架空の地図を渡したせいなのだが、そもそもクルーザー移動をしなければ、起きなかったこと。

さらに順調な船旅の中、光石が最近ハマっているInstagramにアップする動画を撮影したのだが、その際に大杉が口にした「朝ドラよりさ、旅のほうがいいね。旅、サイコー!」という言葉が、後々影響を及ぼす。

遭難して連絡が取れない状況で、代役を立てるかの判断を迫られた時、このコメントを見た役所広司が「こいつら遭難なんかしてねーよ」と言い出すきっかけを作ってしまうのだ。

大変なことにみんなを巻き込むリーダー・大杉の通常運転モードが、冒頭から炸裂した形だが、島に上陸するとサルを人間と間違ってみんなにツッコミを入れられ、「毛深い子供だと思ったんだよ」と真顔で言う「かわいいかよ」ぶりも相変わらずの展開だった。

関連記事:オッサンたち自由すぎでママ・松重の受難 ピンチ乗り越えた脚本を絶賛も

 

■リーダーの座を奪われる

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

地図が間違っていたことがわかり、みんなに責められる大杉。一人で拗ねながら船へ向かうと、サルにロープを解かれてしまったクルーザーは、沖へ流されていた。打ちひしがれて、ブランコに揺られている大杉…。

サルに占拠されていない廃屋を見つけ、ひとまずサバイバル生活の居場所を確保すると、夜、寒さで起きた大杉は、田口に抱きついて眠るのもかわいいし、翌日田口と一緒に海でエネルギッシュに食料調達する姿も、楽しそう。

しかし、この頃にはすっかり、最年少ながら実は影のリーダーであるしっかり者の松重が、みんなを仕切っていた。5日目に松重が火をおこし、「真のリーダーの誕生だ」とみんなに崇められると、「俺はどうなんの?」と慌てるものの、軽くあしらわれてしまう。

とはいえ、遭難から20日、光石が見つけた洞窟奥の通路からの脱出に着手すると、「ねぇみんな、ごめんね。俺のせいで」と謝る大杉に、みんなも責めたことを謝り、いつものかわいい仲直りが展開される。

通路は廃屋の脇に続いていただけで、脱出できなかった――が、岡田将生が5人を発見。島の反対側に到着していたことがわかり、無事に撮影に合流できた。

次ページ
■気を遣うけど惜しい場面も

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ