「じゃあ、行きますかね」 最終回『バイプレイヤーズ』の恩返しに涙

オフショットも交えた、その見事な演出と編集にも感謝の声が続々

7日、テレビ東京の人気ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(以下、『バイプレイヤーズ』)が最終回を迎えた。

2月21日に主演のひとりである大杉漣さんが急逝し、撮りきれなかったシーンが多数あった中、脚本の変更や追加撮影のほか、オフショットも使用するなどの工夫が凝らされ、その仕上がりの素晴らしさに、放送終了直後から感動と感謝の声が続々と寄せられている。

なお、故人については敬称が基本だが、この作品の世界では「大杉漣役」という役名であり、本レビューではこれまで通り、他のキャストと同様に「役者・大杉漣」としてお届けする。

■バイプレイヤーより愛をこめて

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

最終回のあらすじを見てみると

『しまっこさん』のクランクアップを間近に控えたある日、予知夢のような夢を見た大杉は、スタッフへの恩返しを決意する。そんな中、島おじさんと島ママの撮影は終了! その日に島を離れることにした遠藤、田口、松重、光石の4人だが、島ハウスを出る前に大杉が書いたある手紙を発見する…。

スタッフ不足で混乱中の現場で、ひとり残った大杉が取った行動とは?「しまっこさん」は一体どうなるのか!?おじさん達の共同生活もついに最終回!

 

冒頭の「【バイプレイヤー】(和)by+player」説明には、「様々な作品を渡り歩くが、関わったすべてのキャスト・スタッフを愛している――」の文字が。

 

■「笑って観る!」の全力待機

キャストやスタッフがSNSで次々と最終回の告知を投稿していたが、ファンたちも早くから「#バイプレイヤーズ」に集い始め、「笑って観る!」という決意のコメントが並ぶ。

でも、ファンだからこそ「笑って観る」と決意した人たちほど、こめられた愛の大きさを感じて、貫き通せなかったのだけれど…。

 

■週3でゴールドジムに通う亀

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

のっけから亀コスプレで、子供にボコられる夢を見ている大杉に盛り上がるTL。

登場した「助ける監督と書いて、助監督ですから」と言う朝ドラの助監督に助けられ、「きちんと、恩返しをさせていただきます」と背中に乗せて竜宮城へ案内しようとするも、ムリじゃないかと心配される。すると

「大丈夫ですよ。あの、週3回、ゴールドジムに通っていますからね」

 

しかも、起こしに来た田口トモロヲが、相変わらずの下ネタフレーバーだ。

次ページ
■大杉漣記念館

この記事の画像(14枚)

あなたにオススメ