『anone』ハリカと彦星の「リアルな初電話」にキュン死するファン続出

ハリカ(広瀬すず)と彦星(清水尋也)のリアルな初電話シーンに悶絶! 

『anone』
『anone』

広瀬すず主演・坂元裕二脚本のドラマ『anone』(日本テレビ系)が7日に第8話の放送を迎えた。



 

■これまでの『anone』

天涯孤独な少女、「ハズレ」こと辻沢ハリカ(広瀬)は大金の入ったバッグを探しに行ったことをきっかけに林田亜乃音(田中裕子)と知り合い、彼女の夫が以前経営していた印刷工場で清掃のバイトすることになる。

一方、医者から半年の余命宣告を受けて店を畳もうとしていたカレー屋店主・持本舵(阿部サダヲ)は青羽るい子と意気投合し、死に場所を探す旅に出る。

その最中に2人は亜乃音が持っていたニセ札を大金だと勘違いし、さらにハリカを娘だと勘違いして誘拐。さまざな勘違いを経た後、4人の奇妙な共同生活が始まることに。

しかし、そこに理市(瑛太)が現れ、亜乃音の娘・玲(江口のりこ)の息子である陽人(守永伊吹)がかつて起きた火事の原因であることを告げ、ニセ札作りへの協力を要請。ニセ札作りが始まるのだった。


関連記事:『anone』ハリカと彦星の「リアルな初電話」にキュン死するファン続出

 

■歪な親子愛、歪な恋愛に進展?

亜乃音のもとを玲が訪ねてくる。自分に会いに来なくなった理市がそこにいることに驚くが、亜乃音が玲と陽人を守るためにニセ札作りに巻き込まれていると知らない玲は、理市との関係を母親として応援してくれない亜乃音に辛く当たることに。

一方、ハリカは彦星(清水尋也)のチャットゲームのアカウントを使って連絡してきた茉歩(藤井武美)に呼び出され、彦星との関係を詮索される。彼女は高校の同級生で彦星に想いを寄せており、財力のある父親に掛け合って彦星の治療費を立て替えようと画策する。

しかし、それに彦星は反発。ハリカに電話をかけてきて、初めて会話する流れに。お互いぎこちなく、最初は会話も途切れ途切れだったが、最終的には「同じふうに想ってる」と伝え合うことに。

決して饒舌とはいえず、肝心な言葉は言えないままのふたりだったが、だからこそ視聴者はリアルと感じたようで、キュン死する人が続出。

次ページ
■ニセ札作りがバレる…