本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査14回目『用心棒』

トッピングの種類が豊富! 辛い物好きにオススメ

グルメ

2018/03/10 05:30

暖かな陽気に、春が近づいていると感じることが増えてきているのではないだろうか。浮足立つ春の訪れと共に食らう、二郎系ラーメンはさぞかしうまいはず。

二郎系は食べないという人もこの機会に食べに行ってみては…とオススメしたいところだが、あの行列に並ぶのに躊躇する人も多い。そこでインスパイア店を紹介するこのシリーズ、今回のフィールドは神保町だ。


画像をもっと見る

 

■トッピングが豊富

神保町駅から徒歩2分。移転前のラーメン二郎 神田神保町店のすぐそばといえば、ジロリアンには伝わるだろうか。

現在は、大盛メニューが評判の「立川マシマシ 5号店」として営業しているお店のすぐ向かい。

赤い看板が特徴的な用心棒をレポート。これまで大盛メニューを提供するお店の局所的激戦区で営業をしてきたというだけあって、期待値が上がる。

さっそく、ラーメン(税込み・730円)を注文。無料トッピングはニンニク、ヤサイ、あぶら、しょうが、辛玉(唐辛子を使用した薬味)。

全部マシマシでオーダーしたところ、辛玉が華やかに彩るラーメンが着丼。


関連記事:サッカー日本代表・乾貴士の「セルジオ越後さんめっちゃ嫌い」発言に騒然

 

■ピリ辛に変化

計量してみると2,468g(器あり)と重く、豊富なトッピングがどっさりと派手な盛り付けだ。

野菜の茹で加減がちょうどよく、シャキシャキ感も残っている。

ショウガを加えて食べると、もやしがさらにさっぱりさわやかになり、滅多にない組み合わせで楽しくいただける。

スープは豚のコクをしっかりと味わえる濃厚さ。

トッピングの辛玉がスープに溶け込めば、深みのある刺激的な味に豹変。辛玉をすべて溶かし切っても、激辛とまではいかないので、とりあえずのトッピングをオススメしたい。

次ページ
■チャーシューのうま味全開

この記事の画像(11枚)