矢口真里とウーマン村本が東大で講義 テーマは「炎上」と「笑い」

東京大学駒場キャンパスで開催された博報堂ブランドデザインコンテスト「BranCo! 」にて矢口真里とウーマン村本がゲスト講演。

矢口真里(35)とウーマンラッシュアワー村本大輔(37)が、11日に東京大学駒場キャンパスで開催されたブランドデザインコンテスト『Branco! 2018』にてゲスト講演で登壇した。


画像をもっと見る

 

■『BranCo! 2018』とは

BranCo!とは、博報堂の次世代型コンサルティングチーム「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」と東京大学教養学部教育高度化機構が共催する、大学生のためのブランドデザインコンテスト。

チーム対抗形式のプレゼン合戦を繰り広げる。2018年のテーマは「笑い」となっている。


関連記事:大人気のぺこぱ、爆問・太田やみちょぱから突っ込まれまくり 「捨てろよ」

 

■最終選考4チームの個性爆発プレゼン合戦

最初のプレゼンは「くまのおばけ」チームによる、『わらもん』。

親しい人との会話で笑いは生まれるが、さほど親しくない人との会話では愛想笑いしか生まれない。むしろ、どんなに面白い話でも、その話者のことが嫌いならば、面白さは半減する。

この事実から「笑いとは共感と好感」と定義した上で、そこから発展して、子供のどんな些細な冗談も笑えるのは親子愛に着地。

『わらもん』は、子供が引き起こした面白い話を記録して集めていくカルタ。年に一度にカルタを遊べば家族間の愛に触れられる。大人になってからも、子供の頃の思い出話で盛り上がることも。

アウトプットされた現物は、子供が手に取りやすく、しかし口に入れない大きさを考慮。絵本のような造形で、一枚ずつ違うデザインで構成されており、めくる楽しさもあるという。

カルタ遊びができる程度にエピソードを貯め込む必要性が求められる。

次ページ
■「幸福度が高い笑い」とは

この記事の画像(26枚)