『99.9』小ネタにこめられた震災への「応援メッセージ」が話題に

東日本大震災から7年経った11日に放送された第8話。ドラマ中にこめられた応援メッセージが「素敵」と話題になっている。

『99.9』
『99.9』

嵐・松本潤主演のドラマ『99.9-刑事裁判弁護士-SEASONII』の第8話が11日に放送された。

毎回、さまざまな小ネタが盛り込まれているこのドラマ。東日本大震災からちょうど7年経ったこの日、小ネタに応援メッセージがこめられていたことがネット上で話題になっている。



 

■選挙目前の議員の事務所で殺人事件

元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野史郎)議員の選挙事務所に送られてきた羊羹を食べ、藤堂議員の妻・京子(森口瑤子)が意識不明の重体、第一秘書の上杉が死亡するという事件が起こる。

送り主であるニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやまはじめ)は、羊羹に混入されていた毒物・セトシンが彼の会社が保有するものと一致し、犯行動機もあったため、逮捕・起訴されていた。

しかし、西川は犯行を否認。依頼を受けた深山たちは、斑目所長(岸部一徳)の紹介で個人で鑑定を行なっている元科捜研・沢渡清志郎(白井晃)に、犯行に使われたセトシンの鑑定を依頼することに。


関連記事:『99.9』深山の活躍とオヤジギャグに「待ってました!」の声

 

■2年前の事件に使われた毒物と同じ

沢渡の鑑定の結果、セトシンは西川が保有していたものと異なることが判明。しかも、その毒物は2年前の島根の毒殺事件に使われたものと一致していた。

島根の毒殺事件の犯行に使われた毒物を持っていた冶金会社の社長・平塚(中村まこと)に話を聞きに行った深山たちだが、毒物は残っておらず、平塚は藤堂と面識がないと言う。

しかし、佐田が2人の関係を調べると、藤堂と平塚は異母兄弟だということが判明。さらに殺された上杉は、藤堂が愛人にいるという事実を週刊誌に告発しようとしていたことがわかる。

次ページ
■あの深山が敗訴 毒が含まれていたのは…