肌が衰える世代なのに… 定期的にパックをする女性 中高年層でわずか

肌のトラブルを抱える世代のほうが、パックをしていないのだ。

ライフ

2018/03/17 16:00

定期的にパック
(©ぱくたそ)

肌がいつもよりも疲れていると思うときには、特別なスキンケアをする人も多い。その王道といえるのが、フェイスパックである。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「美容について」の調査を実施。

「定期的に顔のパックをする」と答えた人は、全体で15.0%とわずかであった。スキンケアの中でも、パックまでする人は少ないのだ。



 

■20代女性でもわずか3割のパック率

性年代別では、やはりどの年代でも女性が多くなっている。

定期的にパック性年代別グラフ

スキンケアの習慣があるのはほとんどが女性なので、この結果には納得がいく。しかし女性でも、全体的に少ない割合なのが印象的だ。

一番多い20代でも、3割程度しかいない。

「私は結構美容オタクだからパックもよくするけど、友達にはあまりしない子も多い。なにもしなくてもきれいだからって、油断してるみたい」(20代・女性)


関連記事:スキンケア男子がモテるのは当たり前 今やデキる男の条件にも

 

■加齢が進むほどパックをしない

加齢と共に、シワやシワなどの肌トラブルに悩まされる。しかし顔のパックをする女性が、年代が上がるほど減るのは不思議な話だ。

「パックのように特別なことを1日やったくらいで、長年の蓄積で衰えた肌は戻らない。それならば、毎日のケアのほうに時間とお金をかけたほうがいい」(40代・女性)


きちんと自分の肌のことを考えている人がいる一方で、すでに諦めてしまっているパターンも。

「なにをしてももう無駄だと思うので、ありのままを受け入れている」(50代・女性)


■男性もスキンケアをする時代

専業主婦よりも学生のほうが多いのも、興味深い結果である。

定期的にパック傾向別グラフ

学生の中には、男性でも美容意識が高い人もいるのだ。

「顔の乾燥が気になっていた時期に、前の彼女が化粧水と乳液を勧めてくれた。最近は男性用のスキンケア用品も増えてきたから、いろいろと試しているところ。


たまにパックすると、肌がしっとりするのが楽しい」(20代・男性)


若い女性は、男性のスキンケアに肯定的だ。

「性別の差はあっても、同じ肌だから。女性はお金をかけて、男性は放置でも大丈夫なのはおかしい。最低限のケアくらいは、したほうがいいんじゃないかなと思う」(20代・女性)


パックをしたまま時間を置くのは、少し面倒なところもある。その辺りも、パックをしない理由なのかも。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)