しらべぇ

誰も気づいてないかもしれないが成城石井の『鮭弁当』は弁当屋がビビるぐらい激ウマ

この鮭弁はハンパじゃない…成城石井のスゴい鮭弁当とは

グルメ

から揚げ弁当にしょうが焼き弁当、幕の内弁当など、定番と言われる弁当にも数多くの種類が存在する。そんな定番弁当の中でも人気を集めるものといえば、やはり『鮭弁当』だろう。

 

■鮭弁当の王者は『成城石井』!?

脂ののった塩鮭とご飯は、日本人にとって鉄板の組み合わせ。まさに鮭弁当こそが、キングオブ弁当としてふさわしい。

鮭弁当は弁当店だけでなくスーパーマーケットでも一般的だが、しらべぇ編集部イチオシの、最高の鮭弁当を出すスーパーは『成城石井』である。

 

■三宿の有名仕出し店『月暈』の鮭弁当

一部の成城石井で売られている税抜480円の鮭弁当は、世田谷区三宿の有名仕出し店『月暈(つきがさ)』ブランドのもの。

値段も安いので本当に美味しいの? と思われがちだが、この値段の範囲内でできるかぎり、最大限の工夫をこらしてある、素晴らしい鮭弁当なのだ。

 

■気になる内容は…

気になる内容は、鮭と白身魚フライ、あさりを炊いたものにししとう、卵焼きに海苔が敷かれたごはん。

鮭は弁当箱からはみ出しそうなぐらい大きく、成城石井ブランドの塩鮭も高品質なだけに、脂のノリも塩加減もバッチリのもの。

白身魚フライも大きく、ソースが最初からかかっているが、タルタルソースもついているので味を変えられるところがGOOD。

つけあわせのほろ苦いししとうや、上品な味つけと食感が魅力のあさり、口直しにも最適な卵焼きは最強のわき役だ。

 

■見かけたらぜひ買ってみよう

惣菜にも定評のある成城石井、弁当類もさすがセレブ向けスーパーと感じる実力派の美味しさ。

それが税抜480円というお求め安い価格なのだから、ランチにもピッタリである。もし見かけたらぜひ買ってみることをおススメするぞ。

・合わせて読みたい→【成瀬心美の嫌よ嫌よも愛のうち】世の中「良い」お弁当の特集が多すぎ?!

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(6枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu