サッカーファンにはたまらない! Jリーグクラブ運営の定食店『ゼルビアキッチン』

サッカーファンにはたまらない! FC町田ゼルビア運営の食堂

グルメ

2018/03/20 07:30

1989年に創設された、東京都町田市をホームタウンとするプロサッカークラブ、『FC町田ゼルビア』(以下ゼルビア)である。

町田市民にはおなじみのサッカークラブだが、そんなゼルビアが2015年にオープンした定食店『ゼルビアキッチン』がいまでも大人気だ。


 

■自転車やクルマのアクセスは良好

ゼルビアキッチンは小田急線鶴川駅から約2キロ半の場所にあり、電車でのアクセスは悪いが、都道18号線に面しているのでクルマや自転車では行きやすい場所にある。

店の壁には多くの企業からサポートを受けていることがわかる看板が貼られており、昼過ぎには多くの客でにぎわっていた。


関連記事:(8~6位)東京のうまいとんかつ屋ベスト10【マッキー牧元の世界味しらべぇ】

 

■セルフ形式・栄養バランスが考えられたメニュー

店のシステムはすでに作られているおかずをトレイにのせ、ごはんを最後に盛るセルフ形式の食堂。メニューは味噌カツやからあげなどの揚げ物からサラダまで非常に豊富である。

料理にはカロリーが書かれているので、ダイエットなどで食事制限をしている人にも嬉しい。また、栄養バランスを考えた定食も用意されているので、毎日来ても飽きることがなさそうだ。

次ページ
■店内には選手や監督の写真が

この記事の画像(9枚)