しらべぇ

何様なの? 喧嘩して先に謝罪をした時に女性にされた最低言動3選

謝った後に相手をイラっとさせる行動をする女性も。

男女

sirabee20180319orange001

(skarau/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

喧嘩をした時に相手が先に折れてくれたのをいいことに、ひどい言動をする女性もいるようだ。

しらべぇ取材班は、男性たちに「喧嘩をして自分から謝罪をした時に彼女や妻からされて不快だった行動」を聞いてみた

 

①「私が許してあげた」

「8割方は妻が悪くて喧嘩になったんですが、わりと喧嘩の期間が長引いてしまったので自分が大人になって謝罪しました。

 

その後、喧嘩を知っていた友人たちから『仲直りしたんだ』と言われたら、妻が『私が許してあげたのよ』と自分の心が広いように言っていて…ムカつきましたね」(男性・30代)

 

②謝罪を返さない

「お互いに悪い部分があって喧嘩になったんですが、僕が謝罪をしたら、彼女は一気に機嫌をなおして何事もなかったかのように世間話をはじめました。

 

でもこちらとしては、僕だけが悪くて喧嘩になったわけじゃないんだから、まずはあなたも普通に話しはじめる前に謝罪を返そうよ…という気分でしたね。

 

それを言ったらまた喧嘩になるんで言いませんでしたが…」(男性・20代)

 

③お詫びにブランド品をねだる

「喧嘩後に謝罪したら『これ買ってくれるなら許す』と高級ブランドを指定されましたが、その瞬間に『なんでそんな上から目線で言われないといけないの』と愛が冷めましたね…。

 

僕が浮気して…とかならお詫びに買わせるのもわかりますが、別にそういうわけでもない普通の喧嘩で、僕が先に謝罪しただけ。意味がわからなかった」(男性・20代)

 

■夫婦喧嘩後に先に謝罪するのは男性!

ちなみに、しらべぇ編集部が既婚者768名を対象に、「夫婦喧嘩をしたら自分から謝るか相手に謝らせるか」調査を実施したところ、自分から謝る割合は、男性が32.2%に対し、女性は6.6%という結果に。

夫婦喧嘩2

喧嘩の時に折れるのは、誰しも嫌なもの。

だからこそ相手から先に謝罪をしてくれた時には、心の広さに感謝して、自分もきちんと謝罪の言葉を述べたほうが関係も円満にいくかもしれない。

・合わせて読みたい→謝ったら負けと思っている人 vs 悪くなくてもとりあえず謝る人

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代の既婚男女768名

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu