『みなおか』最終回は松田聖子、野猿と「さいごのうたばん」 通常1時間放送に疑問の声も

30年の歴史に幕を下ろす『とんねるずのみなさんのおかげでした』、22日放送の最終回では豪華ゲストと歌いまくる!

エンタメ

2018/03/21 07:30

2018年3月22日21時~、放送延べ1340回を迎え、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が30年の歴史に幕を下ろす。

最終回は、とんねるずが築き上げてきた「歌」の歴史を総決算する「さいごのうたばん」が放送されるが、放送時間が通常放送の1時間と発表され、ファンからは疑問の声が出る結果に。

とんねるず
(画像は『とんねるずのみなさんのおかげでした』公式Instagramからのスクリーンショット)


 

■最後は「うたばん」

同番組1回目のゲストとして登場した歌手・松田聖子(56)や、番組スタッフで構築され一世を風靡した音楽ユニット・野猿ら、ゆかりの豪華ゲストが集結する最終回。

石橋貴明(56)と中居正広(45)が司会を務めたTBSの人気音楽番組『うたばん』をパロディした『ほんとのうたばん』の名場面や野猿の軌跡など、番組内の「歌の歴史」が紐解かれ、とんねるずも最後の熱唱。

30年のフィナーレを迎える。


関連記事:川島海荷、番組で着用した衣装に反響 「ぴったりだね!」「かわいい」

 

■感慨深い視聴者が多数

番組終了を発表後、「買うシリーズ」「全落ち」「男気じゃんけん」など、番組を彩った人気コーナーを振り返りファンを楽しませてきた。

その中で、最後を締めくくるのが「歌」という点に、ファンも驚きと興奮を隠せない。それでもやはり「最後」の放送に各々が思うところがあるようだ。

次ページ
■1時間放送に疑問の声も

この記事の画像(1枚)