教えてあげるべき? トイレットペーパーを服に挟んだまま歩いた経験談

トイレットペーパーを服に挟んで歩いている人は、なぜそんな状況になったのか。

ライフ

2018/03/22 12:00

トイレットペーパーを引きづる
(dcdp/iStock/Thinkstock)

街中でスカートやズボンに、トイレットペーパーを挟んだまま歩いている人を見たことはないだろうか。そのような光景に遭遇すると、見ているほうもドキドキしてしまう。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「トイレについて」の調査を実施。

「下着などにトイレットペーパーを挟んだまま、トイレから出てきたことがある」と答えた人は全体で17.6%と、それほど起きることではないようだ。


画像をもっと見る

 

■女性のほうがトイレットペーパーを挟みやすい

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性のほうが多い結果である。

トイレットペーパーを挟んだまま性年代別グラフ

女性は男性よりもトイレットペーパーを使用する機会が多いので、トラブルを引き起こす確率も上がるのだろう。

「知り合いのおばさんがズボンに挟んで出てきて、うちの母が注意していた。どうやったら、そんなことになるのか不思議」(20代・男性)


拭いた後のトイレットペーパーを、上手く流せなかったのが原因のようだ。

「拭いた後に便器に流したつもりが、体についているのだと思う。そのまま下着を上げて気づかないと、悲劇が起きる。


私は下着の中にとどまっていたのでセーフだったけど、たまにスカートから出てる女性がいて…こちらもどうすればいいのか困る」(30代・女性)


関連記事:坂上忍、紙不足でドラッグストアに並んだら… 「前にいた女性の言葉」に驚き

 

■若い女性に発生率が高い

専業主婦よりも学生のほうが、トイレットペーパーを挟んだ経験が多いのだ。

トイレットペーパーを挟んだまま職業別グラフ

性年代別でも20代から30代の女性が高い割合になっており、見た目を気にするはずの人がやらかしている。

「冬はストッキングを履くから、一生懸命上げているうちにトイレットペーパーが絡まってても気がつかないのかも。トイレから出る前に、ちゃんとチェックしておかないと…」(20代・女性)


■みつけたら教えるべきなのか

トイレットペーパーを挟んでいる人を見かけたら、教えるかどうか悩むところだろう。

「ファスナーが開いているときよりも、声をかけるのはさらにハードルが高い。トイレットペーパーを挟むまでに至った経緯を考えると、言われた当人の恥ずかしさは計り知れない」(30代・男性)


恥ずかしいけれども、教えて欲しいと思っている人が多い。

「恥ずかしい気持ちになるだろうけど、教えないとずっとトイレットペーパーを挟んだまま歩くことになる。そのほうが嫌だと思うので、私もそんなことになっていたら指摘して欲しい」(30代・女性)


トイレットペーパーを挟んでいる人を見かけたら、勇気を出して教えてあげたほうがいいのかも。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)