しらべぇ

マンガ大賞2018は板垣巴留『BEASTARS』 登場キャラに扮して授賞式に登場

マンガ大賞の授賞式が、なんか違うものみたいになってる…

ホビー

22日、「マンガ大賞2018 授賞式」が有楽町・イマジンスタジオで行なわれ、板垣巴留(いたがきぱる)先生の『BEASTARS』が大賞に選ばれた。

 

■大賞は…『BEASTARS』

マンガ大賞2018は、2017年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻(配信含む)までのマンガ作品の中から選ばれたもの。

今回、ノミネートしたのは以下の12作品だ。

『映画大好きポンポさん』杉谷 庄吾【人間プラモ】

『映像研には手を出すな!』大童澄瞳

『ゴールデンゴールド』堀尾省太

『ダンジョン飯』九井 諒子

『とんがり帽子のアトリエ』白浜 鴎

『凪のお暇』コナリ ミサト

『BEASTARS』板垣巴留

『不滅のあなたへ』大今良時

『メイドインアビス』つくし あきひと

『約束のネバーランド』出水ぽすか・白井カイウ

『ランウェイで笑って』猪ノ谷言葉

『我らコンタクティ』森田るい

 

■不審者2人?

プレゼンターとして登場したのは、昨年の大賞作である『響〜小説家になる方法〜』の柳本光晴先生。顔出しがNGのため「主人公・響のコスプレ」姿で現れたのだが…司会の吉田尚記アナウンサー曰く「重要参考人」のような見た目に。

そして発表された大賞は…板垣巴留先生の『BEASTARS』!

板垣先生も顔出しNGのため、こんなことに。もう、愉快な仮装大賞にしか見えない。

 

■私が鹿だったら、タオルはツノに

受賞作『BEASTARS』は、動物を擬人化したマンガ。肉食獣と草食獣が共存する世界での、動物たちの学園物語だ。

板垣先生が被っているのが、卵を産むバイトをしている雌鶏・レゴム。そして横の男性(担当編集)が、主人公であるハイイロオオカミの少年、レゴシ。

3次元でみると違和感があるが、作品を読んでみると、スッとその世界を受け入れられてしまうから不思議だ。ありえない話なのに、リアリティがすごい。

「マンガは読み返せるものだから、細かいディティールをしっかり詰め込んでいこう。例えば、私が鹿だったら、タオルは首や肩に巻かずに、ツノにかけるなって」と板垣先生が言うように、本当にその後動物が人の姿をしていたら、こう動きそうだな…と思ってしまう。

 

■いつかはマンションを

写真でもわかる(?)通り、板垣先生はまだ若く、デビューしてからまだ2年ほど。

「もともとは美大で映画の勉強をしたりしていたんですけど、ものすごく大変なんだなと学生ながらにわかって。近いものを紙とペンで作れるなら…」と漫画家を目指したのだという。

『週刊少年チャンピオン』で今も連載中だが、意外にも「週に1度はお出かけする」くらい時間に余裕を持って楽しくお仕事している、と話す。

「書きたいことはたくさんあるって感じですね。週刊連載は、本当に1話1話面白くすることに必死なんで、その先のことは全く見えてないんです。

 

将来的には、いつかマンションを買いたいですね。今ちょっと、ボロボロのマンションに住んでるんで(笑)」

 

■映像化への希望は「ボソボソ」

『響〜小説家になる方法〜』も実写化が決まっているなど、マンガ大賞の受賞作品は映像化されることが多い。『BEASTARS』も実写化やアニメ化するなら? と問われ、板垣先生は「実写化は無理だよなとみんな思うので」と即答。

「人間っぽい、生々しいキャラクターが多いと自覚しておりますので。アニメ化するならば、あまり誇張しない演技がいいなと。

 

(絵を作成した)アニメーターさんに声を当ててもらっても全然いいなって思うくらい。自然体でボソボソっと喋ってくれる人たちにやってほしいな」

 

と希望を語る。

「みんながみんな、一生懸命生きている作品なので、誰かしらに情が湧くんんじゃないかと思います。1巻は絵がめちゃめちゃ雑なので、2巻まで読んでください(笑)」という、板垣先生。

興味を持った人は、まずは2巻まで読んでみては。一気に『BEASTARS』の世界にはまってしまうかも。

・合わせて読みたい→【悲報】パズドラBLEACHコラボをTwitter検索すると久保帯人先生の偽者が出る

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(9枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu