マンガ大賞2018は板垣巴留『BEASTARS』 登場キャラに扮して授賞式に登場

マンガ大賞の授賞式が、なんか違うものみたいになってる…

22日、「マンガ大賞2018 授賞式」が有楽町・イマジンスタジオで行なわれ、板垣巴留(いたがきぱる)先生の『BEASTARS』が大賞に選ばれた。

 

■大賞は…『BEASTARS』

マンガ大賞2018は、2017年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻(配信含む)までのマンガ作品の中から選ばれたもの。

今回、ノミネートしたのは以下の12作品だ。

『映画大好きポンポさん』杉谷 庄吾【人間プラモ】

『映像研には手を出すな!』大童澄瞳

『ゴールデンゴールド』堀尾省太

『ダンジョン飯』九井 諒子

『とんがり帽子のアトリエ』白浜 鴎

『凪のお暇』コナリ ミサト

『BEASTARS』板垣巴留

『不滅のあなたへ』大今良時

『メイドインアビス』つくし あきひと

『約束のネバーランド』出水ぽすか・白井カイウ

『ランウェイで笑って』猪ノ谷言葉

『我らコンタクティ』森田るい

 

■不審者2人?

プレゼンターとして登場したのは、昨年の大賞作である『響〜小説家になる方法〜』の柳本光晴先生。顔出しがNGのため「主人公・響のコスプレ」姿で現れたのだが…司会の吉田尚記アナウンサー曰く「重要参考人」のような見た目に。

そして発表された大賞は…板垣巴留先生の『BEASTARS』!

板垣先生も顔出しNGのため、こんなことに。もう、愉快な仮装大賞にしか見えない。

次ページ
■私が鹿だったら、タオルはツノに

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ