カズレーザー「憧れの男性像」はあの大御所芸人 その理由に視聴者納得

『オーマイ神様』でメイプル超合金・カズレーザーと爆笑問題・田中裕二が「神」と憧れる人物を告白!

エンタメ

2018/03/27 09:00

一線で活躍する有名人が「尊敬し愛してやまない『マイ神』の魅力を伝える」プレゼンバラエティー『オー!! マイ神様!!』(TBS系)が26日深夜、レギュラー放送最終回を迎えた。

最終回では、司会を務めた爆笑問題・田中裕二(53)とメイプル超合金・カズレーザー(33)が「マイ神」を発表し、大きな反響が起きている。

カズレーザー,田中裕二
(画像はTBS『オー!!マイ神様!!』公式Twitterからのスクリーンショット)


 

■爆笑・田中のマイ神は

田中が、「一番影響を受けているかもしれない」と語るのは作曲家・筒美京平氏。

日本レコード大賞では作曲賞など何度も受賞。『サザエさん』のオープニングテーマをはじめとした2800曲以上を手掛け、シングル総売り上げは日本歴代1位・7560万枚を超えるなど、その偉業は枚挙にいとまがない。

J-POP、昭和のアイドル好きを公言する田中は、その筒美の名曲の数々に感銘を受けてきたようだ。


関連記事:カズレーザーが激写したセクハラ現場にファン騒然 「生々しい…」

 

■カズレーザーの「憧れの男性像」

「憧れの男性像。僕の中でずっと神様は上岡龍太郎さんなんです」、カズレーザーは語る。

90年代、知性的な語り口と毒舌で人気を博した上岡。「物心ついたころから、インテリジェンス、モノを知っているってことを、はじめて面白くしたのが上岡さんだった」と当時を振り返った。

次ページ
■上岡の芸能界引退理由にも感銘

この記事の画像(1枚)