ももクロ+ファンモン+マー君! ヤンキースタジアムで「夢の共演」

ももいろクローバーZが、ファンキー加藤制作によるヤンキース田中将大の登場曲を歌う。

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ(以下ももクロ)が、2018シーズンの田中将大投手(ニューヨーク・ヤンキース)の登場曲を歌う。作詞・作曲を手がけるのは、元FUNKY MONKEY BABYS(以下ファンモン)のファンキー加藤だ。

タイトルは『吼えろ』。本拠地・ヤンキースタジアムで田中が登板する際に使用される。田中は自身の公式ツイッターで、「素晴らしい曲でマウンドに上がらせていただきます」と喜びをつづった。


 

■ももクロとマー君の「深い」関係

ももクロと田中の「相思相愛」はご存じの通りだ。田中は東北楽天ゴールデンイーグルス時代の2013年から、一貫してももクロの楽曲を登場曲に使い続けている。

その選曲からも「ガチ」っぷりがうかがえる。2013年の『DNA狂詩曲』、2014年の『My Dear Fellow』は、共にシングルのカップリング曲。コアなファンならではの選曲で世間を驚かせた。

2015年からは既存曲ではなく、田中の登場曲用にももクロ側が新曲を制作・提供している。まさに相思相愛の関係なのである。

関連記事:ももクロ高城れに、吉田沙保里との激似ツーショットに反響 「美人姉妹だ!」

 

■3組のファンは歓喜

ももクロ+ファンキー加藤+マー君という超豪華コラボの実現に、世間は騒然としている。

https://twitter.com/kentarou0604/status/978430632257712128

https://twitter.com/mcz_reds_iwgp/status/978439033184403456

世間的には良からぬイメージが付いてしまっているファンキー加藤。そんな彼をためらいなく起用した田中の「男気」に、「一流選手は人間としても一流」などと喝采が送られている。

■マー君と加藤の関係とは?

前述の通り、田中がももクロの熱心なファンであることは有名な話。だが、じつはファンモンとも古い付き合いがある。

2010年のファンモンのシングル『あとひとつ』では、CDジャケットに田中(当時は東北楽天ゴールデンイーグルス所属)の顔写真が使われた。

田中は同曲のミュージックビデオにも出演しており、楽天時代はこれを登場曲に使用していたこともある。

そんな縁深い3組による、満を持してのコラボレーション。ももクロと加藤の力を借りて、田中は今季、悲願の世界一達成を果たせるか。

・合わせて読みたい→アプローチなしで相思相愛! 何もしていないのに片思いが実った瞬間

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→5月28日9時から【Amazonタイムセール祭り】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催

ももクロももいろクローバーZメジャーリーグMLBファンキー加藤FUNKY MONKEY BABYS田中将大マー君ヤンキース登場曲
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング