歯茎を焼き切った有村藍里 コンプレックスと懸命に向き合う姿に称賛の声

有村架純の姉でタレントの有村藍里が『ナカイの窓』に出演。自身のコンプレックスである歯茎について語った。

有村藍里
(画像は有村藍里公式ツイッターのスクリーンショット)

タレントの有村藍里(27)といえば、妹が国民的女優の有村架純(25)であることから、何かと姉妹で容姿くらべられ、中傷を受けることが多いという。

28日に『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演。自らの容姿と向き合う姿を赤裸々に語り、話題になっている。


 

■コンプレックスから「歯茎を焼き切った」

「私たちそんなにブスですかSP」に出演した有村は、ネット上で「口元がブサイク」と自身のコンプレックスを揶揄されることを告白。

そのため、過去5年間に6本の抜歯をするなど歯科矯正に取り組んだようで、最近では歯茎を削ったという。「元々が歯茎が出ちゃう口元なので、歯茎を焼き切って、かたちを整えて…」と”ゴリラ感”が薄れてきたことを明かした。


 

■「少しでも自分に自信がもてるようになりたかった」

番組終了後、有村は自身のブログを更新。笑ったときに歯茎が露出する「ガミースマイル」が悩みだったようで「このコンプレックスで人前で思いっきり笑うことが苦手でした」と明かす。

あるとき、セラミック矯正によってガミースマイルが改善されると知り「自分の歯と歯茎を削る…正直こわかったです。だけど少しでも自分に自信がもてるようになりたかった。ただそれだけの想いです」と意を決してチャレンジすることにしたという。

ブログの最後には「これからはあまり気にせずどんどん笑いたいなあと思います!」と前向きな気持ちを告白。また、自身のツイッターにも「歯の歴史」として、過去の写真をアップした。

次ページ
■「無理せずがんばってほしい」と応援の声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ