しらべぇ

大阪の人は本当にたこ焼きが好きなの? 関西出身者たちに聞いてみると…

大阪名物のたこ焼きは、地元の人からどれほど愛されているのか?

地域

たこやき

(marucyan/iStock/Thinkstock)

全国的に名物と知られているものは観光客向けで、地元の人は食べないものも多い。大阪名物のたこ焼きも、同じことが当てはまるのだろうか。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の地元が関西の男女287名に「名物について」の調査を実施。

「たこ焼きが大好きだ」と答えた人は、全体で70.4%。多くの人が、たこ焼きを普段から食べているようだ。

 

■おやつにもおつまみにも

年代別では、20代以外の年代で7割を超えている。

たこ焼き大好き年代別グラフ

年を重ねるほどに、地元への愛着が増すのかも。

「粉もんは大阪の文化だけど、中でもたこ焼きは象徴的なものだと思う。おやつにもおつまみにもなるし。大阪では、食事でもたこ焼きを食べる家庭があるくらい」(40代・男性)

 

■たこ焼きに思い入れがない若い世代

若い人の一部には、たこ焼きにそこまで思い入れがないとの意見もある。

「たまに食べるけど、そこまで美味しいものではないと思う。いわゆるB級グルメなので、わざわざ観光に来た人が行列に並んでまで買う意味がわからない。

 

味もお店によって、そこまで変わるものじゃない気がするし…」(20代・女性)

 

好きだけど、あまりこだわりはないとの声も。

「以前サービス業をしていたときにお客さんから、『地元の人だけがひっそりと集うようなたこ焼き屋』を教えて欲しいと言われて困ったことがある。

 

そこまでこだわりを持ってたこ焼きを食べている人は、大阪にそれほどいないと思う。おばちゃんが近所の人を相手にしているところはあるけど、おすすめとは言い難いし…」(20代・男性)

 

■大阪が誇る文化

大阪自体に思い入れの強い人は、やはりたこ焼きへの情熱は強い。

「大阪のほとんどの家庭に、たこ焼き器があるのは本当。うちも休みの日に家族で、たこ焼きを作って食べることがある。大阪らしい休日の過ごし方だし、なにより家族が喜ぶ」(30代・男性)

 

観光客が喜ぶ文化があるのも、大阪が誇れるところだ。

「お笑いなど多くの文化がある上に、たこ焼きなど食も強い。最近ではすっかり外国人観光客が多くなったけど、世界に大阪の魅力が伝わるのは嬉しい」(30代・女性)

 

大阪にいる若い人たちも、年を重ねるうちにたこ焼きにこだわりが出てくるのかも。

・合わせて読みたい→関西人も悩む…たこ焼きは「おやつ」vs「ごはん」どっち?

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の地元が関西の男女287名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu