しらべぇ

正直には断れないから… 食事に誘われた時に女性がする社交辞令返答3選

はっきりとは断れない相手に対して遠回しに断る人も。

男女

sirabee20180322orange005

(miya227/iStock/Thinkstock)

興味のない男性にデートに誘われたとき、角が立たない断り方をするために社交辞令を使ってやんわりと拒否する女性は少なくないようだ。

しらべぇ取材班は、女性たちに「興味のない男性に誘われた時に使用する断り文句」を調査してみた。

 

①「◯さんはいつ暇ですか?」

「『いつ暇ですか?』と聞かれたら、『◯さんはいつ暇ですか?』と尋ねるふりをして、答えられた日にちをすべて断り『また連絡しますね!』と言います。

 

それで相手が忘れてくれるのを願って連絡しないんですが、中には1〜2週間後に『予定わかりました?』と気付かずに連絡してくる人もいて面倒ですね」(女性・20代)

 

②「機会があれば…」

「鉄板ですが、誘われても興味がなければ『そうですね。機会があれば行きましょう』と言います。

 

私の周りのほとんどの女友達も遠回しに断るときにこれを使っていますよ。

 

女性は興味があればしっかり空いている日を明言するし、『機会があれば』と流されたらほぼアウトなのに、中にはわからずにしつこい男性もいるんですよね…」(女性・30代)

 

③「最近忙しくて…」

「誘われたら『楽しそう。でも行きたいですけれど、最近忙しくて…』と多忙アピールします。

 

それでも『いつになったら暇になりそう?』と聞いてくる男性もいて困りますね。

 

そんな時は『忙しすぎていつ暇になるかわからないな』ともうきっぱり言うんですが、こんな絶対断っているだろうという言葉を聞いても、拒否されているとわからない人もいるんですよね…」(女性・20代)

 

■女性のほうが社交辞令を言いやすい!

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,357名を対象に「社交辞令やお世辞を言うことがどれくらいあるか」、6段階での意識調査を実施した。

その結果、「よくする」「まあまあする」「たまにする」の「社交辞令やお世辞を割と言う」派の割合は、男性56.3%に対し、女性は66.9%ということが明らかに。

sirabee201607310630_01

女性からやんわりと誘いを断られた時には、あまりしつこく追いかけないほうがいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→「さよなら」宣言? 深田恭子がショックを受けた「マツコの言葉」

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu