『ワイドナショー』、今年3回目の休止 別バラエティ番組放送に戸惑う声も

『ワイドナショー』が今年3回目の放送休止…

エンタメ

2018/04/01 15:00

1日の『ワイドショー』(フジテレビ系)は今年3回目の休止。同時間帯は千原ジュニアと加藤シゲアキがぶらり旅から落語を創り披露するという『旅する落語』が放送された。

その影響で、視聴者が『ワイドナ』が終了したものと勘違いするなど、戸惑う人が続出した。



 

■今年3回目の放送休止

『ワイドショー』が休止となるのは、2月25日・3月11日に続き3回目。隔週放送が定着しつつあるだけに、番組内で松本が「マラソンを探してきてほしい」「これくらいがちょうどいい」などと発言したことも。

また、3月25日の放送では、武田鉄矢のラジオを聴いたという松本が武田に「ラジオでできることなら『ワイドナショー』に出たくないと言っていた」とツッコミを入れ、「ぼくも気持ちは一緒です」と叫ぶシーンが。

そのようなことから、松本の番組に対する意欲の低下を指摘する声があった。


関連記事:松本人志が考えた『今年の漢字』に視聴者驚き 「さすがです」

 

■別バラエティ番組放送に戸惑う人も

それでも過去2回は年1回のマラソン中継で、一種の特別感があり、「致し方なし」と考える人も存在。ところが今回放送されたのは事務所の後輩千原ジュニアと加藤シゲアキのバラエティ番組だった。

スポーツではなく、バラエティだったことや、4月1日とクールが変わったこともあり、「終了してしまったの?」という声が続出することに。

https://twitter.com/pksmashgazer/status/980252151040454656

次ページ
■安定放送を望む声も