もう行きたくない! お花見での最悪すぎるエピソード4選

酔っ払いの介抱に、ドタキャン…最悪だった花見の思い出って?

ライフ

2018/04/01 20:00

花見イメージ
(Akio_Nakai/iStock/Thinkstock)

桜が満開になり、すでに花見を楽しんだ人も多いのでは。花見といえば、やっぱりお酒を飲みつつみんなで楽しんで…というイメージ。

しかし、「全然楽しくなかった!」最悪な思い出がある人も少なくないのだ。



 

■花見に嫌な思い出が…

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,361名を対象に「花見」について調査したところ、「嫌な思い出がある」と答えたのは全体の14.2%。

特に、30代女性は「最悪だ!」と思った花見経験が多いようだ。

花見グラフ

楽しいイベントのはずが、「嫌な思い出」になってしまうとは…いったいどんなことが起きたのだろうか。


関連記事:スタバ新作で春の先取りをしよう 人気シリーズ「SAKURA」がスタート

 

①場所取り担当

「家から、桜で有名な公園まで徒歩で行ける距離。そのため『楽でしょ?』と毎年場所取り担当にされていて。めんどくさいからシート置きっぱなしにして一旦帰っていたのですが、回収&その場所が取られたことがあって。


仲間からものすごい非難された瞬間、『え、お前らのためにここで朝5時からずっと待機しろと?』と怒りがこみ上げちゃいました。それ以来、そのメンツでの花見には参加してません」(20代・女性)


②酔っ払いがめんどくさい!

「私はそんなに飲めるほうではないので、基本シラフ。程よく暖かくて、桜もきれいで、みんながいて…楽しいのはわかるんですが、毎年必ず誰かが潰れる。そしてその面倒をみるのは私。


一回、さすがに様子がおかしい人がいて救急車を呼んだら『大げさ』『お前が看病すればいいだけだろ』とか言われて…。別に医学の知識があるわけでも、そいつの彼女なわけでもないのに」(30代・女性)


③誰もこない…

「友達と約束してお花見に行くことに。前日の時点で、風邪ひいたと連絡が1人。朝起きたら、ちょっと天気悪くて寒くて…。若干めんどくさいなと思いつつも集合場所に行くと、急病だの急用だのなんだの言いながら、結局自分以外は誰もこなかった。


だったらあと1時間早く連絡してくれよ、俺も行かなかったのに! 悔しいから、1人で花見して帰った」(20代・男性)


④自分も酔っ払って…

「完全に自業自得なんだけど、ちょっと飲みすぎちゃって。もっとヘロヘロの子を抱えて歩いていたら、その子が転んで、巻き込まれました。


肘が肋骨に入り、骨折…。1ヶ月くらい痛かった」(30代・男性)


せっかくのイベントを楽しい思い出で終えられるよう、周囲への気遣いは忘れずに。

・合わせて読みたい→川口春奈、天敵の花粉に宣言 「今年こそ春うららしたい」

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1361名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)