しらべぇ

「初日からバックレやがった」 入社1日で会社を辞めた新社会人に騒然

希望に満ち溢れた新社会人たちの中には、すでに会社を辞めた人も…。

話題

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

新年度が始まり、多くの若者が新社会人としてデビューした。希望に満ち溢れて働く若者が多い一方、すでに「辞めたい」と嘆く声も。ネット上では、毎年恒例ともいえる流れが話題になっている。

 

■「新入社員退職RTA」に沸くネット民

ツイッターでは「新入社員退職RTA」という言葉が流行中。RTAとは(Real Time Attack)のことで、入社から退職までのタイムを競うというもの。入社1日目にして退職した新社会人の報告を待ちわびる声があがっている。

また、新入社員らしきアカウントでは「会社辞めたい」「初日だけどバックレたい」との声も。

 

■「初日からバックレやがった」

また、実際に辞めた人がいたという報告も。

 

■「つらかったら辞めていい」とアドバイスも

「新入社員なのに辞めた」がネタになっている一方で、社会人の先輩からは「つらかったら会社を辞めていい」といった趣旨のツイートも。

長時間労働や過労死が注目されて「ブラック企業」という言葉が浸透し、働き方を見つめ直す機会が多い昨今。かつては「入社から3年は耐えろ」といった価値観で無茶な労働をしていた人たちも多かっただろう。

こういった背景も込みで「無理だと思ったら1日で辞めていい」と勇気づけるツイートも流れている。

 

■1ヶ月以内に会社を辞めた人は…

しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,332名を対象に「入社1ヶ月以内に会社を辞めた人を知っているか」について調査したところ、全体の34.2%は「知っている」と回答した。

1日で辞めたという人は珍しいだろうが、1ヶ月という期間ならば3人に1人が「1ヶ月で退職した人を知っている」ようだ。

 

人生の多くを占めることになる労働だが、それだけに自分に合った働き方や環境を選ぶことは大切だ。1日で辞める判断もまた「見切りがいい」ということなのかもしれない。

・合わせて読みたい→新入社員のSNSアカウント特定方法が続々…特定したいと思う?

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu