センバツ高校野球で大阪桐蔭が優勝 根尾選手のフェアプレー精神に賞賛の声

センバツ高校野球大会で、大阪桐蔭が大会2連覇を成し遂げた。

スポーツ

2018/04/04 18:00

野球
(Ben-Schonewille/iStock/Thinkstock)

4日、第90回センバツ高校野球大会の決勝戦で、大阪桐蔭が智弁和歌山に勝利し、春連覇となる優勝を成し遂げた。

36年ぶり史上3校目の快挙である大阪桐蔭の春連覇と、優勝投手・根尾選手に対し、ネットでは賞賛の声が相次いでいる。



 

■同点からの逆転

優勝がかかった決勝のゲームで、先制点を奪取したのは智弁和歌山。4回、智弁和歌山は、ツーアウト2、3塁から東妻選手がレフトへのヒットを放ち、2点を奪った。

しかし、その裏、大阪桐蔭は、藤原選手、根尾選手の連続ヒットと死球でノーアウト満塁とすると、石川選手のショートゴロで智弁和歌山のエラーを誘い1点を返し、続く小泉選手のセカンドゴロ併殺打の間にもう1点を追加し、同点に。

さらに7回の大阪桐蔭の攻撃。小泉選手が四球を選び出塁したところで、智弁和歌山は先発・池田選手に替わってエース平田選手が登板するが、大阪桐蔭は平田選手をとらえ、宮崎選手のレフトへのヒットで勝ち越しに成功。

大阪桐蔭は8回にも藤原選手、根尾選手がタイムリーヒットを放ち、智弁和歌山を突き放し、そのまま勝利した。


関連記事:張本勲氏、筋骨隆々の大谷翔平選手にダメ出し 「プロレスじゃない」「走れ」

 

■「すごすぎる」

大阪桐蔭の春連覇に、ネットでは「すばらしい」「おめでとう」と賞賛と祝福の声が相次いでいる。

「大阪桐蔭、史上3校目の春センバツ連覇達成! おめでとう! 強かった! 」


「大阪桐蔭、春大会2連覇! おめでとう! すごすぎる! 」


「大阪桐蔭の『勝ち切る強さ』は素晴らしい。全ての高校球児に心からありがとう。感動をありがとう」

次ページ
■根尾選手がかっこよすぎる

この記事の画像(1枚)