パチンコ店の減少止まらず 「1日でも早い撤廃」を望む声も

パチンコホールが1年間で420店舗、減少したことがわかった。

社会

2018/04/05 17:30

パチンコ
(Andrea Zangrilli/iStock/Thinkstock)

競馬、競艇、カジノ…その独特の高揚感が魅力のギャンブル。そのなかで、最も身近な存在と言っても過言ではない「パチンコ」の先行きに、暗雲が立ち込めている。

 

■1年間で420店舗の減少

矢野経済研究所(東京都中野区)によると、2017年12月末の全国パチンコホール経営企業数が、前年12月末比で177社減少し3,244社、店舗数は、420店舗減少し1万258店舗であったと、『日刊工業新聞』が報じた。

このパチンコ産業の現状は、娯楽の多様化や、ここ数年のパチンコ産業に対する規制の厳しさが原因と見られており、2月に導入された「出玉規制」も相まって、集客数はさらに低下すると予想されているという。

 

■「1軒もなくてもいい」

今回の報道に対し、ネットでは「1軒もなくていい」といった、パチンコ産業の衰退に賛成するコメントが相次いでいる。

「1軒もなくていい」

 

「減少を暗いことのように取り上げているのに違和感を感じる。それよりもまだ1万店以上あることに驚かされる。なくなったって個人的には構わない」

 

「もっと早くから、もっと厳しい規制をかけておけば、人生救われた人も多いと思う。1日も早く撤廃してほしい」

 

「どんどん、なくなっていいと思います。景観上も良くない店が多い」

次ページ
■「昔はよく行っていた」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ