テレ東の自虐ネタたっぷり!? アニメ『テレビ野郎 ナナーナ』放送開始

"低予算"の自虐ネタがたっぷり!? なショートアニメ!

((C) studio crocodile・テレビ東京/「テレビ野郎ナナーナ」製作委員会)

予算のなさを自虐ネタにし、豪華な出演者が並ぶと視聴者から「予算は大丈夫なのか?」と心配されるのが、お約束のようになっているテレビ東京。

そんなイジられキャラをモチーフにした、ミニ番組の新作オリジナルショートアニメ『テレビ野郎 ナナーナ』が、4月6日夜10時48分から放送される。

クリエイターは、パロディアニメ「低燃費少女ハイジ」ほか「The World of GOLDEN EGGS」や、ディズニー「キュービックマウスシリーズ」などで知られるCGアニメクリエイター文原聡。キャラクターは、テレビ東京のキャラクター「ナナナ」にインスパイアされたデザインだそう。


 

■ストーリーや出演者は?

ストーリーは、貧乏テレビ局「テレビナナーナ」の撮影クルーたちが世界初の快挙を狙い、伝説の珍獣「キーナ」のスクープ映像を撮るため、ジャングルへと向かう。

襲いかかる猛獣、神様の生贄にしようとする村人、ライバルの金持ちテレビ局、そして最大の敵「低予算」など、次々と立ちはだかる困難に立ち向かい、少ない製作費を知恵と体力とチームワークでカバーしながら高視聴率の獲得を狙う内容だ。

破天荒な熱血ディレクター・七岡の声を演じるのは、バラエティやコントだけでなく司会としてもお茶の間の人気を集める芸人・ビビる大木。

いつも不安そうなカメラマン・七森は、数々の舞台・ドラマで活躍中の俳優・温水洋一、ブツブツ文句を言いながらロケについていくAD・七山には、個性的ななまりで舞台やナレーションなどでも活躍する芸人・つぶやきシローが声をあてる。


関連記事:生放送ドタキャンから1年 ビートたけし×テレ東、今年は「ドタキャンなし」で連日放送

 

■ゆるくてくだらない楽しさ!

七岡役のビビる大木は、「くだらない! ホントに放送するの? と思いながら収録していました。つまり、ホントに面白かった!! テレビの中で遊ぶってとても大切だ! と、改めて思う作品です。ツッコミながら楽しんでいただければ」とコメントしている。

((C) studio crocodile・テレビ東京/「テレビ野郎ナナーナ」製作委員会)

一方、七森役の温水洋一は、「低予算でも奇抜なアイデアで高い視聴率をたたき出し、話題の番組を数多く産み出している、今のテレビ東京さんだからこそ、こんなゆるくて楽しいアニメが作れるんだと思います」と収録後の感想を語る。

((C) studio crocodile・テレビ東京/「テレビ野郎ナナーナ」製作委員会)

また、七山役のつぶやきシローによると、通常のアニメの収録は録音室に出演者が入り、画面を見ながら立って行なうが、今回はテーブルを囲んで椅子に座り、さらに監督が一緒に録音室に入るスタイルだったらしい。そのおかげで意見交換がスムーズにでき、ゆったり収録できたそう。

「七山は文原監督からも『そのままでいい』と言われたので、そのまま演じました。本作の見どころはズバリ『テレ東の自虐』! ぜひお楽しみください」とコメントを寄せている。

((C) studio crocodile・テレビ東京/「テレビ野郎ナナーナ」製作委員会)

 ■パロディやゲストも…

本作は、アニメーションの中に実写を交えた背景が組み合わさり、キャラクターたちの人間臭い動きが、テレ東のリアルな自虐ネタとマッチした新感覚のアニメーション作品として注目が集まりそう。

また、番組内では、テレビ東京の歴代人気番組の数々がパロディとして登場したり、ゲスト声優も続々出演したりと期待が高まる。                                  

愛と毒を含んだ作風が魅力のクリエイター・文原聡が描く、愛ゆえにイジられがちなテレビ東京の魅力たっぷりのゆる~い冒険活劇が楽しみだ。

【番組概要】
番組名 :テレビ野郎 ナナーナ
放送日時:2018年4月6日(金)スタート 毎週金曜 夜9時54分~ ※初回放送は夜10時48分~
出演(声):ビビる大木、温水洋一、つぶやきシロー、ほか
脚本・監督 :文原聡

・合わせて読みたい→アルピー平子、出禁の『アメトーーク』に4年ぶり出演 「オファーに震えた」

(文/しらべぇ編集部・からし こうめ

この記事の画像(5枚)


あなたにオススメ