しらべぇ

「新入社員の研修の一環でして…」 路上での「名刺交換」希望に要注意

「研修で、名刺交換をお願いしているんです!」こんな風に声をかけられ、応じてしまうと…。

ビジネス

(TakakoWatanabe/iStock/Thinkstock)

4月に入り、街中には初々しいスーツ姿の新入社員が溢れている。そんな彼らから、「あの、研修の一環で…名刺交換していただけませんか!」と声をかけられた経験はないだろうか。

 

■経験者は男性がメイン

実際、ネット上には「新入社員な人に声をかけられた」人たちの声が上がっている。

しらべぇ編集部が20代〜60代の男女1,361名を対象に「名刺交換」について調査したところ、「知らない人から名刺交換をお願いされたことがある」と回答したのは、全体の18.6%。

女性よりも男性のほうが、圧倒的に声をかけられている。

特に多いのは60代男性。なんと、3人に1人は「名刺交換してください!」と声をかけられているのだ。人生経験の長さが理由なのだろうか。

 

■もれなく勧誘電話地獄に

本当に研修の一環なのかもしれないが、「名刺交換をするともれなく面倒な目にあう」という指摘も多い。

名刺交換をしてくれる=優しくて若干気弱…と判断され、「押しまくれば契約するかもしれないターゲット」に入れられてしまうという。完全な迷惑行為なのだ。

実際、駅や主要展示会場では、「一方的な名刺交換の禁止」をアナウンスしたり、張り紙で告知したりしている。

 

■経験者たちは…

「展示会に向かう途中にいる、リクスー姿の可愛い女の子。『研修で名刺交換してまして!』って声をかけてた。『お前、去年もいたじゃん』って突っ込みたくてたまらなかった」(30代・男性)

 

「駅前で声をかけられた。応援の気持ちで応じたら、連日、不動産投資の勧誘電話が鳴り止まない。ちょっと落ち着いたかな? と思ったら、別の勧誘電話。名簿業者に売られたんでしょうね」(40代・男性)

 

「私は、声をかけていた側。名刺を集め、先輩に渡す。『これが社会人なんだ』って思い込んで、毎日必死に声をかけてたけど…。ある時、『なんでそんなブラックで働いてるの? 普通じゃないからね』って言われて目が覚めた」(20代・女性)

 

若者を応援したい気持ちにつけこんだ、「名刺交換研修」。名刺は、個人情報がぎっしり詰まった大切なものだ。ちょっとでも怪しいな、と思ったら、知らない誰かに渡さないように。

・合わせて読みたい→名刺に似顔絵描く人に27.9%が違和感 自分をキャラ化する営業マンたち

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1361名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu