しらべぇ

mixi? それともFacebook?  「もうやっていない」人が多いSNSは…

栄枯盛衰が激しいSNS。最もやめてしまった人が多いSNSは?

テクノロジー

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

しらべぇでは先日「もうやめようと思われているSNSランキング」を公開。1位は、現在アクティブユーザーが多いと思われるFacebookだった。

そうなると気になるのが、ネット利用者が「もうやっていない」SNSだろう。しらべぇ編集部は全国20代〜60代のSNSユーザー638名に「もうやっていない」SNSを調査。

結果をランキング形式で紹介する。

 

■第5位:LINE(4.4%)

5位は現在幅広い年齢が使用しているLINE。携帯キャリアメール使用者が激減するほど愛用者が多いが、セキュリティに対して不安視する声もある。

「既読」機能についても賛否両論で、「気を使う」「疲れる」という指摘も。そのような理由から、もうやめてしまった人が一定数存在している模様だ。

 

■第4位:Twitter(5.9%)

4位はTwitter。リアルタイムに自分の意見を投稿できることが特徴だが、「誰でも見られる」ことを忘れ、不適切な投稿で炎上してしまう人が続出。

また、「ツイ廃」と呼ばれるほど熱中してしまい、疲れてしまった…なんて人も。そんな理由から、利用をやめてしまったのかもしれない。

 

■第3位:GREE(10.2%)

3位に入ったのはGREE。かつては芸能人も日記を開設するほど隆盛を誇っていたが、昨今はスマホゲームアプリを中心としたサービスにシフト。

芸能人たちがアメーバブログなどに流れたこともあり、利用者が激ったといわれる。

 

■第2位:Facebook(14.7%)

「やめようと思われているSNS」でトップだったFacebookは2位に。

リア充アピールへの嫌悪感や「イイネ」の強要、不要な人間との繋がりなど、人との繋がりを重視しているからこそ面倒なことも多い。

また、仕事で止むを得ず使っている人が、職場から離れると同時にアカウントを削除するケースもあるようだ。

 

■第1位:mixi(32.1%)

第1位はmixi。かつて飛ぶ鳥を落とす勢いでユーザーを獲得し、隆盛を誇った日本を代表するSNSだったが、TwitterやLINE、Facebookなど他のSNSに人気を奪われてしまった。

今回の調査でも、3割がすでにやめてしまったことが判明している。

mixiが2位以下を大きく引き離して1位となった「やめてしまったSNSランキング」。昔使っていたSNSアカウントを久しぶりに見てみると、懐かしさとともに新しい発見があるかも。

・合わせて読みたい→これからも使い続けるつもりのSNSは? 1位になったのは…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代のSNSユーザー638名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu