大阪の日本一高いビル「あべのハルカス」 神奈川での知名度が高い理由

地上300mのスリルを楽しむアトラクション、『エッジ・ザ・ハルカス』も好評。

地域

2018/04/08 20:00

あべのハルカス

現在、日本一高いビルは大阪にある「あべのハルカス」である。300mの高さを誇る同ビルには百貨店やオフィス、美術館、展望台などが入居し、連日たくさんの人たちが足を運ぶ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「大阪について」の調査を実施。「あべのハルカスを知っている」と答えた人は、全体で61.1%。地域での差が気になるところだ。


画像をもっと見る

 

■神奈川であべのハルカスの知名度が高い理由

ハルカスのある近畿と首都圏を比較すると、やはり大きな差が見られた。

あべのハルカスエリア別グラフ

地元の人たちが良く知っているのは当然だが、首都圏ではもう少し知名度を伸ばしたいところである。首都圏でもさらに細かく見ると、裏事情が見えてくるのだ。

あべのハルカスエリア別グラフあべのハルカス都道府県別グラフ

あべのハルカスが誕生するまで日本一のビルは、「横浜ランドマークタワー」だった。1位の座を奪われた県民は、嫌でも記憶に残っているのかも。

大阪に住む女性は、ランドマークタワーについて次のように語る。

「ハルカスができるまで、ランドマークタワーが1位だったことを知らなかった。だから関西以外の人たちが、ハルカスを知らないのも仕方がないのかな…」(30代・女性)


関連記事:【大阪発】新名所あべのハルカスで食べる「日本一高い」ソフトクリームって何だ?

 

■日本一でなくなる日が近づく

現時点では日本一の、あべのハルカス。しかし東京・丸の内エリアに、三菱地所が2027年の完成に向けて390mのビルを建設中。

さらに、東京・虎ノ門・麻布台エリアに森ビルが330メートルのビルの建設を発表。完成予定が2022年のために、あべのハルカスが日本一でいられる期間はあと4年ほどなのだ。

そこでハルカスは高さではなく、体験で勝負に出る。


■地上300mのスリルを体験するアトラクション登場

あべのハルカスの展望台「ハルカス300」では3月7日から、「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」というアトラクションがオープン。

地上300mの最頂部にあるデッキを、命綱だけで渡るスリルと爽快さが売りである。勇気ある挑戦者が連日駆けつけ、土日祝日には長い待ち時間ができるほど。

あべのハルカス「エッジ・ザ・ハルカス」

「そこまでするのは怖い」と思う人は、60階の展望フロアでゆっくりと眺望を楽しむのがおすすめだ。昼と夜では雰囲気も大きく変わるので、比べてみるのもおもしろいだろう。

雨の日は真っ白でなにも見えないときも多いが、運が良ければ雲海が拝めるかも。

あべのハルカスあべのべあ

そしてハルカス300のキャラクターあべのべあも、雨の日限定の「雨模様」できまぐれに登場をする。

海外からの観光客も多い大阪のランドマークとして、「あべのハルカス」はこれからも人々に愛される存在であり続けてほしいものである。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事の画像(5枚)