本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査19回目『ラーメン髭』

もはや給油レベルのアブラ

グルメ

2018/04/08 18:30

本家二郎最強『八王子野猿街道店2』よりもうまいラーメンを求めて、食べ歩くこの企画。

味、量ともに二郎を超えるラーメンを見つけることができるだろうか。調査19回目となる今回は、『ラーメン髭』を調査。


画像をもっと見る

 

■脂をぶちまけたクレイジーラーメン

平和島駅から徒歩5分。交通量の多い環状七号線の大通り沿いに、黄色い看板をを掲げるラーメン髭。

春とはいえ、気温が夏日に近い日に訪れたのだが、店内に入るなりむっとした蒸し暑さ。

さっそく、らーめん(750円・税込み)を注文。店主から「ニンニクは?」と聞かれ、全マシマシと伝えたところ、カラメ、アブラ、ニンニクは増量トッピング可能なようだが、肝心の野菜は増量は受けていない様子。

少し、ガッカリしてしまったのだが、着丼したラーメンを見て驚愕。

野菜こそ少ないが、背脂がチャッチャッと飛び散った濃厚な見た目。


関連記事:ラーメン二郎を食べるときの息を「豚の呼吸」と言うのが流行? 鬼滅の刃の影響か

 

■もはや給油

計量してみると、2,085g(器あり)とマシマシにしては少ない部類。

これほど、びっしり背脂が乗っかていれば、どこから食べても背脂がついてくる。もやしを大量の背脂と一緒に食べてみると…マジでウンメッ。

豚のコクと優しい甘さが口の中で溶けだして、濃厚な口元をクタったもやしがさっぱりとさせる。見た目に反して食べやすい。

スープにはもちろん背脂が大量に溶け込んだ、乳化気味のコクあるスープ。大量に飲むのは体に悪いと分かっているのだが、気がついたらゴクゴクと飲んでしまう。

次ページ
■上質な麺と豚

この記事の画像(11枚)