『生ダラ』で一世風靡、61歳の元巨人軍・定岡正二に有吉驚愕 「ジジイになった」

『有吉ゼミ』『出発!ローカル線 聞きこみ発見旅』に元巨人軍・定岡正二が登場も、その老けっぷりに驚きの声が!

1990年代、最高視聴率28%を超えた伝説のバラエティ番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)に出演、甘いルックスと天然キャラで一躍人気者となった元巨人軍投手・定岡正二(61)。

番組終了後はバラエティ番組への露出を減らし、野球に関わる活動を中心にしてきた定岡が、9日放送『有吉ゼミ』(日本テレビ系)、『出発!ローカル線 聞きこみ発見旅』(BSジャパン)に登場。

その変貌ぶりに驚きの声が上がっている。

定岡正二、しずちゃん
(画像は BSジャパン『出発!ローカル線 聞きこみ発見旅』公式サイトのスクリーンショット)

 

■この日は定岡デー

『ローカル線』は、有名人ゲスト1組が全国各地のローカル線の始発駅から終着駅を目指す旅番組。南海キャンディーズの山崎静代(39)・しずちゃんと静岡県・天竜浜名湖鉄道を旅した定岡。

しずちゃんと仲良く旅をしながら、時折のぞかせる天然キャラ。そのポンコツぶりは色あせない。

『有吉ゼミ』では、ギャル曽根(32)や同じく元巨人軍の槙原寛己(54)、ガンバレルーヤと共に大食い企画に登場。有吉弘行(43)も久々の定岡に興奮を隠せなかった。

 

■大食いに挑むも…

「現役時代、ご飯12杯は食べていた」定岡は、総重量4㎏を超える「チキンオーバーライス」の完食を目指す。

60歳を過ぎ身体に気を使い「食べ順ダイエットをしている」と告白。開始早々「(61歳で)こんな仕事していいの?」と愚痴りだす。

15分で1.5㎏を口にしたがその後は箸が進まず、最終的に2㎏でギブアップ。久々のバラエティで大食いに関しては爪痕を残せなかったが、変わらぬキャラクターをお茶の間に印象付けた。

次ページ
■有吉「ジジイになった」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ