海賊版サイト『漫画村』アクセス不能状態に トップページは復活もついに閉鎖か

違法サイトとの指摘がある漫画村がアクセス不能に。ついに閉鎖か?

社会

2018/04/11 19:00

漫画
(©ぱくたそ)

11日、国内の漫画や雑誌が多数アップロードされ、無料で読むことができる海賊版サイト『漫画村』がアクセス不能状態になっていることが判明。

夕方になりトップページが復活するなどしたものの、書籍を閲覧することはできておらず、サイトの動向が注目されている。


 

■国内の漫画雑誌などが無料で閲覧できるサイト

同サイトは単行本や漫画雑誌、写真集などが不正にアップロードされ、ユーザーは無料で閲覧が可能。違法アップロードによってアクセスを獲得し、広告収入を得ることで利益を上げていたものと思われる。

アップロードについては作者の許諾を得ていないため、著作権侵害の可能性が極めて高い。また、昨今は「アクセスすると仮想通貨の強制マイニングをさせられる」という噂も浮上していた。

「極めて悪質なサイト」との批判が各方面から上がっていたが、運営者は独自の主張で正当化。さらに、違法とわかっていながらアップロードされた漫画を読む人が多く、社会問題化していた。


関連記事:漫画村が「漫画タウン」として復活か 「出版社の努力不足」主張に怒りの声

 

■日本漫画家協会が声明を出す事態に

このような状況に日本漫画家協会は今年2月、

「全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実がある」


「このままの状態が続けば、日本のいろいろな文化が体力を削られてしまい、ついには滅びてしまう」


などと声明で糾弾する。販売物を無料でアップロードされてしまっては、作者や販売会社が正当な報酬を得ることができず、困ってしまうだけに、妥当な主張といえる。

このような声に対し漫画村運営者は、「画像を引用してきただけでアップロードはしていない。よって違法ではない」という趣旨の主張を行い、その是非が議論になっていた。

次ページ
■夕方になりトップページは復活も…

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ