上川隆也の執事姿が! 『執事 西園寺の名推理』の見どころは

豪華すぎる俳優陣や執事と奥様の関係にも注目

エンタメ

2018/04/13 06:30

今夜8時からテレビ東京系にて、上川隆也主演の推理ドラマ 『執事 西園寺の名推理』 がスタートする。

バラエティ番組出演時の紳士な行動が、先日大きな話題になった上川が主人公である執事・西園寺を演じるということで、放送開始前から話題となっている本ドラマ。

第1話の放送を前に、見どころとあらすじをチェックしてみよう。


 

■ドラマ『執事 西園寺の名推理』とは

このドラマは、上川演じる「パーフェクトな執事」である主人公の西園寺一が、八千草薫演じるチャーミングな奥様・百合子のお望みで、事件の謎を解き明かしていく痛快ミステリー・エンターテイメント。

西園寺は当家の主人が亡くなる前から仕えており、奥様とは深くて厚い信頼関係を築いている。

そんな二人が出くわす数々の殺人事件。奥様のためとはいえ、捜査に関しては素人の西園寺だが、パーフェクトな執事である彼に不可能はなく…持ち前の知識と能力で、事件の謎を明かしていく。


関連記事:上川隆也『執事 西園寺の名推理』完璧執事に奥様・八千草薫も「素敵」連呼

 

■気になる第一話のあらすじ

それでは、第一話のあらすじを公式HPからチェックしよう。

西園寺一(上川隆也)は資産家の奥様、伊集院百合子(八千草薫)に仕える執事。主人のいかなる望みにも応える完璧な仕事ぶりから、“パーフェクトな執事”と言われている。お屋敷では、西園寺の他、新米執事の澤田慎次(浅利陽介)、メイドの前田美佳(岡本玲)、ベテランメイドの板倉明美(池谷のぶえ)が働いている。


ある日、西園寺と百合子はホテルで開かれるスイーツコンテストへ向かう。会場はホテルセンチュリートーキョーの最上階。ここは百合子の亡き夫・光弥(里見浩太朗)の御用達で、乙坂賢太郎(おかやまはじめ)が支配人を務めている。


コンテストに参加するパティシエは3人。人気スイーツ店の代表パティシエ・青木俊彦(葛山信吾)、テレビで人気の「スイーツ王子」こと錦野省吾(西村和彦)、フランス人で世界屈指の実力派・ピエール・パパン(ジリ・ヴァンソン)。 会場で百合子は、両親亡き後に支援した香澄と再会する。


香澄は現在、青木の店のマネジメントをしているが、青木との間にはギクシャクした空気が漂っていた。しかも、青木は世界的な菓子メーカーの令嬢・後藤美幸と親しげにしている。そんな青木を、錦野はうらやらましがっていた。他にも錦野の助手水野修平の姿もある。やがてコンテストが迫り、各自はバックヤードなど持ち場に戻って行った…。


そして開始直前、1階の備品倉庫で錦野の刺殺体が発見される! 事件現場に城南第一署から刑事の丸山昭雄(佐藤二朗)、柴田公平(平山祐介)、樋口亜矢(桜乃彩音)が駆け付ける。丸山は青木が犯人だと疑う。しかし、百合子には青木が犯人だと思えない。西園寺は百合子の意をくみ、新米執事の澤田と共に、真相を探り始めるのだった!


一方、秘書・水城希(花乃まりあ)に西園寺の動きを報告させる、元・警察庁長官の大物政治家・大川龍之介(古谷一行)の目的とは…? “パーフェクトな執事”西園寺が、驚くほど幅広い知識と経験、冴えわたる観察眼を駆使し、事件の謎を鮮やかに解き明かす!

次ページ
■執事と奥様 豪華すぎる主従コンビに注目

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ